お歳暮のお返しの時期やのしは何て書く?金額はいくらまで?

    のし

    お歳暮が届いたらお返しに悩みまませんか?

    お歳暮は一年間お世話になった方からの贈り物ですので、お歳暮をもらったからといって必ずしもお返しをしなければいけないという決まりはありませんが、同僚友人からのお歳暮はお返しをするのがマナーでもあります。

    そこで今回はお歳暮を頂いた時のお返しの時期のしの書き方お返しの金額なども一緒にお伝えしていきます。

    スポンサーリンク


    お歳暮をもらったらお返しはするべき?


    お歳暮は相手がお世話になったという感謝の気持ちを込めて贈られてくるものなので、一般的にお返しの必要はないのですが、相手が同僚や友人の場合はお返しをすることで信頼関係を壊さず長くつきあえるコツでもあります。

    そして頂いたら、たとえ返さなくても必ずお礼状は出すようにしましょう。

    ▶お歳暮のお礼状の書き方の文例は?個人宛てへは何て書く?

    でも部下にお返しはしたほうがいいんでしょうか?そんな声が聞こえてきそうですが部下から頂いたお歳暮のお返しは基本的にはお返しはしなくてOKです。

    いつもお世話になって感謝してます!」という気持ちに対する御礼ですので、快く受け取ってください。

    ただ、お礼状だけは届いたら早めに出すようにしないと、相手への配慮でもありますからね。

    お礼状を出さないのであれば、社外で会った時に一言御礼だけは告げましょう。

    ど~しても部下にお返しをしないと気持ちがおさまらないという方は、下記の記事を参考にしてくださいね。

    お歳暮のお返しの時期は?


    お歳暮のお返しをするときに気を付けなければならないことをいくつかご紹介します。

    お歳暮が届くのが早くて12月上旬か中旬あたりに届きますので、その時は年内にお返しをするようにしましょう。

    ただ、お歳暮が年末近くに届く場合は年の瀬で何かと忙しくなりますので年内に返すよりは、年が明けた翌年松の内(1月7日まで)までに贈ります。(関西は15日まで)それ以上を過ぎた場合2月4日までの立春まで
    に贈るようにしましょう。



    お歳暮のお返しの「のし」の表書きや種類は?


    12月中に相手に届く場合・・・お歳暮

    年が明けて1月7日までは・・・御年賀

    それ以降の2月4日の立春までは・・・寒中御見舞い

    のしの水引の種類は紅白の蝶結びを使用します。名前はフルネームで、書き入れてくださいね。

    のし

    お歳暮のお返しの金額は?


    お歳暮のお返しをする金額も迷いますよね。

    高価なものだったらそれ以上の金額を返さないと失礼にあたるかもしれない・・・と深く考えなくても、同じくらいの金額をお返しするというのがマナーです。

    だいたい平均で3.000円くらいが妥当かと思います。相手より高額な商品は、気を使わせてしまうので、同じぐらいの金額に合わせたほうがいいですね。

    お歳暮のお返しはどんな品物を選ぶの?


    お歳暮のお返しですから、お正月などに贈るのであれば和菓子やお菓子などが喜ばれます。

    逆に鮭やカニなどといったものはお正月に沢山食べて飽きてしまってる場合があるのでお菓子やアイスクリームなどはお子さんも喜ぶのでいいのでは?

    お返しを返す相手の家族構成を考えて家族が喜びそうなものや、単身者だったら家呑みセットやおつまみセットなどもいいと思います。



    まとめ


    お歳暮のお返しは一般的には必要ないですが同僚や親しい友人などから頂いた場合は信頼関係を継続するためにも必要かと思います。

    お返しをする時期は12月中旬までに届いたらのしの表書きはお歳暮で、それを過ぎたらお正月の7日(松の内)で御年賀として
    贈りましょう。

    お正月も過ぎてしまったら、2月4日(立春)までに寒中御見舞の、のしを付けて送ります。

    予算は相手と同じ位の金額が妥当ですが平均3.000円位がおすすめです。

    品物は相手の家族構成を考えて贈るといいですね。

    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。