お歳暮のお礼状の書き方の文例は?個人宛てへは何て書く?

    お歳暮文例

    お歳暮が届いたら真っ先に送るのがお礼状です。

    お礼状を先に出すことで、相手にもお歳暮が無事に届いたという安心感も伝わるので、必ず出すようにしましょう。

    そこで今回は、お歳暮のお礼状で個人宛に送る文例をご紹介したいと思います。

    スポンサーリンク


    12月も師走に入ると、主婦は大変ですよね。

    家の大掃除や年賀状の作成におせち料理やお世話になった方へのお歳暮の発送などなど・・・

    ▶お歳暮のお返しの時期やのしは何て書く?金額はいくらまで?


    そんな慌ただしい時にお歳暮が届いてお礼状を出さないといけなくなり何て書いて出したらいいのか
    わかりません。

    私もお歳暮を送る手配はしても贈られてきたお歳暮のお礼状のことまで考えてない時、慌ててしまったことがあります。

    なので、文例を考える暇もない時は大変な思いをしないよういくつか文例をご紹介しますね。

    個人宛てに送る文例になります。

    お歳暮文例

    お礼状の書き方や文例は?


    お歳暮が届いたら、お返しをするにしても真っ先にお礼状を出すようにしましょう。

    特に親しい友人から届いた時は取り急ぎメールでお返ししておくだけでも相手も届いたという安心感にもつながりますよね。

    お礼状は、はがき、または便箋で手書きのほうが気持ちが伝わります。

    自分はあまり字が綺麗じゃないからとパソコンで打つ方もいますが、時間がかかるどころか途中でプリンターのインクがきれてしまった!
    なんて事になったら大変なので、はがきか、便箋などで、ささっと書いて出せば何とかなります。


    はがきや便箋がない時は、100円ショップで購入できますよね。

    やっぱり手書きのほうが相手に気持ちも伝わりやすいので無理にとは言いませんが手書きをお勧めします。

    手書きは縦書きはまっすぐ書くのが難しいけど、横書きなら書きやすいですよ。


    書く前に文例の流れに沿って書くと書きやすくなります。

    1.季節の挨拶

    2.相手の安否や日頃お世話になっていること

    3.御中元を頂いた御礼の言葉

    4.家族などが喜んでることを書く

    5.相手を気遣う言葉(相手の家族や健康など)

    6.結び最後の言葉

    お歳暮例文

    【文例-1-】

    拝啓 師走の候 鈴木様にはお変わりなくお過ごしのこととお喜び申し上げます。

    日頃は何かとお気遣いを戴きありがとうございます。このたびはご丁寧にお歳暮の品をありがとうございます。

    家族みんな喜んでおります。どうぞ奥様にもくれぐれもよろしくお伝えください。

    寒さが厳しくなってきますので、どうかお体を大事にされ、良い年をお迎え下さい。

    先ずはお礼まで。
    敬具
    山田 太郎 内


    【文例-2-】

    拝啓 寒さも一段と厳しくなってまいりました。皆様いかがおすごしでしょうか。

    さて、このたびは思いがけず結構なお品を頂戴し、本当にありがとうございました。

    主人も子供達も大喜びで、早速美味しくいただきました。いつも細やかなお心配りを頂き、恐縮いたしております。

    本日別便にて心ばかりの品を送りました。お口に合うかどうかわかりませんが、ご笑納下さい。

    寒さはまだまだ続くようです。どうぞご自愛くださいませ。略儀ながら取り急ぎ書中にてお礼申し上げます。
    敬具     
    山田 太郎 内




    【文例-3-】仲人になった人が送る場合

    拝啓 クリスマスの飾りをあちこちで見かける季節になりました。いかがおすごしでしょうか。

    さて、本日はお心のこもったお品を頂き、本当にありがとうございました。

    いつも貴家のご両親様には大変お世話になっておりますのに、このたびのお二人からのお心遣いに恐縮しております。

    常日頃から貴家の仲の良い親子関係をぜひ見習いたいと、妻の花子と話しております。

    皆様御一家とのおつき合いは私どもの悦びではございますが、今後はどうかあまりお気づかいになりませんようお願い申し上げます。

    寒さはまだまだ続くようです。どうぞご自愛ください。略儀ながら書中にてお礼申し上げます。ありがとうございました。
    敬具
    山田 太郎 花子


    【文例-4-】簡単な文例

    拝啓 年の瀬を迎え慌ただしくなってきましたがお元気でご活躍のことと存じます。

    さてこのたびは お歳暮の品を拝受いたしました。いつに変わらぬお心づかいに感謝いたします。

    家族ともども大変喜んでおります。これからは寒くなりますので、どうかお体を大切になさって、幸多き新年を迎えられますようお祈りいたします。
    敬具 


    ※妻が夫に代わって代筆する時は、夫の名前を書いた左脇に小さい文字で「」と書き添えると奥様が書いたということがわかるのでいれましょう。

    また、本人以外の人が礼状を代筆する時は本人の名前の左側に小さく「」と書いて、その下に代筆者の名前を入れましょう。

    まとめ


    お歳暮を頂いたら、なるべく早めにお礼状を出すようにしましょう。

    お歳暮のお返しで品物を贈るからお礼状はいいんじゃない?って思いがちですが、先にお礼状もきちんと出すことで相手に安心感を与えることにもなるのでお礼状は出すようにして下さいね。

    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。