古いおみくじの処分はどうする?大吉でもゴミに出していいの?

    おみくじ

    神社に行くと必ずおみくじを引きたくなります。

    凶のおみくじは境内に結ぶとしても大吉のおみくじは縁起がいいからと持って帰る人も多いのでは?

    そこで今回は古いおみくじの処分の仕方や大吉でもゴミに出していいものなの?一緒にご案内していきます。

    スポンサーリンク


    我が家でも毎年初詣に行くときは、古いお札やお守りを神社に納めますが手帳の中を整理してたら、古い大吉のおみくじが出てきたのです。

    おみくじって処分の仕方に困りませんか?お守りと一緒に神社へ納めていいのか、それともゴミにと一緒に出してしまっていいものか・・・

    おみくじは持ち帰っていいの?


    おみくじで大吉がでるとうれしくて持ち帰りたくなりますよね。

    凶がでたら運気が下がるんじゃないかと、神社の境内に結んで帰る人もいるようですが実は凶でも大吉でも持って帰ったほうがいいそうです。

    なぜかというと、おみくじは神様からのメッセージでもあります。凶がでても持ち帰り、おみくじに書かれている内容は自分への戒めとして心を改めることができます。

    特に、何かを決断しようとした時、おみくじの内容を思い出すことで結論がでる時もあります。手帳などに入れ、時々読み返してみといいですよ。


    逆に、大吉が出たからといって、横柄な態度はとらず、控え目にそして誠実にふるまうように心がけることが大切です。

    おみくじ

    古いおみくじの処分の仕方は?


    神社から持ち帰った古いおみくじの処分の仕方ですが、おみくじの処分の仕方は特に決まりはないですが、翌年神社へ参拝に行った時、古いおみくじを神社のおみくじ結び所などに結んで「一年間ありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えながら、結ぶようにしましょう。

    結ぶときは凶のおみくじの時は利き腕と反対の手結ぶようにすると、凶が吉となって転じるという意味合いもあるので、おすすめします。


    必ずしも、おみくじを引いたところの神社じゃないとダメという決まりはないので、神社なら違う神社でも問題ありません。




    古いおみくじをゴミに出してもいいの?


    どうしても神社へもって行けない時は自宅のゴミと一緒に処分していいものなのか迷いますよね。そんな時はお塩で清めてから捨てるようにします。

    やり方は

    1.白い紙(和紙や半紙)におみくじをのせ 塩をかけ包みます。
    2.小さなビニール袋に入れ「1年間ありがとございました」 といって処分します。

    この方法なら気持ちもすっきりしておみくじを安心して捨てられますよね。

    まとめ


    古いおみくじの処分の仕方は神社の境内のおみくじ納め所に結び感謝の言葉と共に納める。

    凶のおみくじの場合は利き腕と反対の腕で結ぶと凶が吉となって転じるという意味合いがあります。

    ゴミに捨てる時は、半紙の上におみくじを置き、塩で清め包んで処分するようにしましょう。

    必ずしも行ったところの神社におみくじを納めなければいけないという決まりはありませんので古いおみくじの処分で困った時は是非参考にしてみてくださいね。

    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。