白湯ダイエットの効果的な方法であなたも痩せ体質に!?

    白湯ダイエット

    白湯ダイエットは今年に入ってから大ブームとなっています。

    その理由と言うのも女優さんが実践してダイエットに効いたという方が沢山いるので、白湯を飲めば痩せられるということのようです。有名な女優さんで深田恭子さんや長澤まさみさん、タレントのベッキーさんや江角マキコさんまで・・・

    みなさんおきれいな方ばかりですよね。
    お湯を飲むだけで痩せて綺麗になれるならやってみる価値はありそうですよね。

    そこで、白湯ダイエットの効果的な方法と作り方や体にどのようなメリットがあるのかについて調べてみました。



    スポンサーリンク




    なぜ白湯を飲むといいの?


    白湯ダイエット


    人間の体内の温度(内部温度)は通常40℃前後と言われています。
    夏に冷たい飲み物ばかり飲むと、胃や腸の内臓機能が低下し代謝も悪くなってきます。



    代謝が悪くなると脂肪が燃焼しにくくなるので、お腹の周りに脂肪がついてやせにくい体質になるのですが、白湯を50℃前後の温度で飲むことにより、内臓機能が活発化するんです。



    人間の体内の水分は7割が水と言われています。白湯にはお茶やジュースのように余分な成分は入ってなく、体内の温度に近いことで胃腸の働きが活発化し血流がよくなり新陳代謝があがります。
    そして白湯には胃腸の老廃物なども流してくれる働きがあるのでデトックス効果も期待できるんです。





    白湯の効果とは・・・



    白湯効果

    1.白湯で冷え性改善


    女性にとって冷えは大敵ですよね。体温が低くなると筋肉が固くなりやすいと言われています。冷えで起こる肩こりや子宮筋腫も冷えによる子宮の凝りが原因です。

    白湯を飲むと内臓が温まり生理痛や生理不順も改善してくれます。



    2.白湯で体質改善


    白湯は血液がサラサラになり、血流も上げてくれます

    血流が上がれば、基礎代謝や新陳代謝も良くなり免疫力を高め老化防止にもなると言われているのです。
    免疫力があがれば風邪も引かなくなりますよね。


    3.白湯で美肌効果


    美しい肌は血流がよく肌艶もいいですよね。血流が悪いと肌の新陳代謝も悪くなり、シミや吹き出物などもできやすくなります。
    皮膚の血流は1分間に300~500mlですが、白湯を飲むことにより血管が拡がり3000ml血流が広がるといいます。

    白湯を飲むことで血流が良くなり、老廃物が排出され肌トラブルが改善されます。



    4.白湯で便秘解消


    あさ起きて便通を良くするために腸を刺激しようと起きてすぐに冷たい水を飲む人がいますが実は逆効果なんです。
    腸を動かすには40℃以上の温度ではないと活発に働きません。

    白湯を50℃前後で飲むことで、腸を刺激し腸内に溜まった老廃物を溶かして流してくれる働きがあります。








    白湯の作り方



    *朝起きたらすぐにやかんに水を入れ火にかけます。

    *沸騰したらやかんの蓋を開け、火を止めずに最低3分以上はグラグラさせてください。

    *3分以上沸騰させたら火を止めマグカップに白湯を注ぎ人肌くらいまで冷まします。

    *人肌で40~50℃なので冷めたらゆっくりと一口づつ飲みます。




    白湯ダイエット



    白湯を飲む量は一日だいたい700~800mlを時間をかけてゆっくり飲むと効果があります。

    ポットなどに入れて食事中に飲んだりするのも効果的な方法ですし、朝起きたときと夜寝る前に飲むことをお勧めします。

    白湯を飲んでいるのに痩せない人は、冷たい物を飲んだり食べ過ぎたりする場合が多いようですから、ドカ食いは胃腸に負担がかかるので逆効果になります。




    まとめ



    時間がない人はポットや電子レンジで温めたお湯を飲んでもいいんですができれば、一度沸騰させて冷ましたお湯を飲んだ方が効果的です。

    沸かす場合の水は水道水で簡単にでき、カルキ臭や不純物も取り除かれます。

    もちろん浄水器の水でもいいですし、ミネラルウォーターでしたら軟水をお勧めします。



    私も最初白湯って味もないし、ちょっと飲むのに抵抗があると思って半信半疑だったのが、飲みだしたらお通じもよくなり肌につやも出てくるようになったんです。


    女優さんの多くの人が実践しているという白湯ダイエット。あなたも試してみてはいかがですか?
    白湯ダイエットは昔流行した〇〇ダイエットよりも効果があるような気がします^^;




    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *