スクラップアンドビルドがドラマ化!キャストやあらすじとロケ地はどこ?

スクラップ・アンド・ビルド

スクラップ・アンド・ビルドは羽田圭介さんが

芥川賞を受賞した作品です。

その羽田圭介さんの小説がドラマ化することが

決定しました。

もしかして羽田圭介さんが主演なの?と思った方も・・

いませんよね。はい、主演ではありませんし

出演もされてませんでした。

そこで今回はキャストやあらすじ、そしてロケ地を

ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


スクラップ・アンド・ビルド放送日はいつ?


放送日は12月17日(土)午後9時~10時13分NHK総合テレビで放送されます。

ドラマは連続ドラマではなく単発です。

スクラップ・アンド・ビルドの本を読んだ人は内容がわかってしまっているので、ドラマよりもキャストの方々を楽しみにしたほうがいいかもしれません。

そして読んでない人は、どんなストーリーなのか楽しみながらキャストの方の演技も一緒に楽しんじゃって下さい。

私は恥ずかしながらまだ読んでいないので、この機会に両方楽しみたいと思います。


スクラップ・アンド・ビルドのキャストは?


スクラップ・アンド・ビルドの主人公は柄本佑(えもとたすく)さんと他の出演者の方々です。

柄本佑
・柄本 佑 (主人公の健斗)

・山下リオ 

・浅香航大 

・秋元才加 

・浅茅陽子 

・山谷初男



主人公の柄本佑さんは柄本明さんの息子さんで芸能一家に育ったという演技派俳優さんです。

他にも山下リオさんや浅香航大さん、秋元才加さんなど若手俳優さんも数多く出演するとあってどんな展開になっていくのか目が離せませんね。



スクラップ・アンド・ビルドのあらすじは?


スクラップ・アンド・ビルドっていう本のタイトル読んでない人は意味が難しくてわからない人も多いと思います。

スクラップ=取り壊す、ビルド=建てるという意味ですが読んで字のごとく、壊して新しく作りなおすという事ですね。

そして気になるあらすじです。

スポンサーリンク

主人公の健斗(28)は無職。勤務していた会社に嫌気がさして仕事を辞め、行政書士資格試験に向けての勉強をしながら就職活動をしているが、企業の中途採用試験には落ち続け、いやになるほど無為な日々を送っている。

健斗は、母親と、87歳になる要介護の祖父と同居している。祖父は大きな病気もしておらず年齢からすれば健康体といっていいくらいだが、体が思うようには動かず、口癖は「もう死んだほうがよか」。

そんな祖父にへきえきとする健斗だったが、ある時、ふと健斗は思う。自分はいままで、祖父の心の叫びを、聞き流していたのではないのか? 

ただベッドに横たわり、やがて来る死を待つだけなら、早めに死にたくもなるのではないだろうか。健斗は自分の今までの祖父への接し方が、相手の気持ちに向き合わない。自己中心的なものに思えてくるのだった…。

果たして健斗はどのように人生を再構築するのか? 現代を鮮やかに写し取りながら、ドラマは展開する。
                     
引用元:NHK


介護や就職試験に立ち向かうという現実味おびてるところが考えさせられる内容ですよね。

【原作者】羽田圭介(はだけいすけ)のプロフィール


羽田圭介
生年月日:1985年10月19日

出身地:東京都

最終学歴:明治大学商学部卒業


羽田圭介さんは作家として数多くの作品を出されています。

17歳で作家デビューして「黒冷水」は文藝賞を受賞。
他にも芥川賞を逃した作品として「走ル」「ミート・ザ・ビート」「メタモルフォシス」があります。

そして2015年に「スクラップ・アンド・ビルド」でついに芥川賞受賞となりました。

受賞してからは数多くのバラエティ番組にひっぱりだこの羽田圭介さんですが、2017年のNHK「新春ドラマスペシャル」でついに俳優デビューしてしまいました。

それがドラマ「富士ファミリー2017」です。

あれ?こっちのドラマにでるの?みたいな・・

やっぱり自分が作った作品には出たくないのでしょうか?それとも主人公にそぐわなかったのか?微妙なところです。

最近バラエティ番組にも姿を見せないと思ったらドラマの撮影が大忙しだったんですね。それにしても凄い活躍ぶりです。

スクラップ・アンド・ビルドの撮影場所は?


スクラップ・アンド・ビルドはNHKの大阪放送局の制作ですので撮影場所も大阪市で撮影された模様です。

病院で撮影された様子がありました。

その病院が「市立吹田市民病院」です。


撮影した日は10月21日です。

まとめ


芥川賞のスクラップ・アンド・ビルドがついにドラマ化決定しました。

羽田圭介さんは他にも俳優デビューも果たし演技力が楽しみな小説家でもあり、2足のわらじを上手く使いこなして欲しいと思います。今後のご活躍が楽しみですね。

スポンサーリンク
関連記事

SNSでもご購読できます。