華原朋美が体調不良になった3つの原因とは?急性ストレス反応という病気はホント?

    華原朋美

    華原朋美さんが体調不良により休養することとなりました。

    診断によると急性ストレス反応とのこと。

    現在は医師から入院が必要と言われ都内の病院に入院しているようです。

    華原朋美さんが体調不良になった3つの原因と、急性ストレス反応が

    気になったので調べてみました。

    スポンサーリンク


    華原朋美さんは精神面でとても弱いところがあるのか?それとも過去のトラウマがあってから精神的にストレスを抱え込んでしまうところがあったのでしょうか?


    急性ストレス反応とは?


    華原朋美さんが診断された病名は「急性ストレス反応」というもので

    別名「急性ストレス障害」とも呼ばれています。

    急性ストレス反応とは、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と似たような症状を起こしますが、地震のような主に生死に関わるような要因でトラウマ(心的外傷)を経験した後、これによる神経症の症状が数時間、数日から4週間以内に自然治癒する一過性の障害を
    指します。


    他にも症状としては夜眠れない、何をするにも不安がつきまとってしまうなど状態が長い期間続くようです。

    華原朋美さんの場合は10月末から体の倦怠感や発熱が何日も続きレギュラー番組のキャンセルやラジオ番組出演も全てキャンセルしたというので状態は深刻のようですね。


    急性ストレス反応となった3つの原因とは?


    まず一つ目の原因は、過去のトラウマです。
    華原朋美さんといえば過去にお付き合いしていた小室哲哉さんとの破局から精神的に心が病み精神安定剤の大量服用で病院へ搬送されたという暗い過去があります。

    立ち直るまで5年間かかりましたからね。

    そしてまだ記憶に新しい竹田恒泰さんとの二股疑惑です。竹田恒泰さんが一方的気華原さんへ好意を寄せていたにも関わらず、元AKBのメンバーの畑山亜梨沙さんとの二股をかけられた件です。

    その一件が収まったと思ったら、竹田さんは一般女性の方とご結婚され今ではお子さんもいるという何ともトントン拍子に事が運んでしまったという事も華原さんにとってショックも大きかったのかと思われます。
    そして自分も結婚に焦ってきているという思いもあるのかも知れません。

    今回はどの程度の休養になるのか、事務所側の話では1ヶ月と発表されているようですが1ヶ月で果たして回復する見込みがあるのでしょうか?



    そして二つ目の原因


    お兄さんとの確執です。

    華原朋美さんのお兄さんは華原さんが小室さんと別れてから休養中に海外へ行かせるなど心のケアをしてきました。

    でも、華原さんがツイッターに「兄とは合いたいとは思いません」などといった意味深なメッセージを残し弁護士までつけたと言います。


    現在ツイッターは削除されてるようですが、今までお世話になったお兄さんとの間に一体何があったのでしょうか?
    華原朋美さんは4人兄弟で上に兄2人下に弟がいます。
    お兄さんや弟さんは全て会社を経営しているとのことですが、お父さんも会社の社長さんで海外にも進出し事業を拡大しているやり手の方のようです。


    最後に三つ目の原因は


    現在お付き合いされている7つ年下の実業家の男性のことです。

    最近二人の関係がギクシャクし、華原朋美さんは年齢も42歳(全然見えない)で結婚を焦ってきているのか男性の方はそれが重みになっているようです。

    華原さんは男の人に依存するタイプで好きになった人にとことん尽くしてのめり込んでしまうようです。

    なので、結婚を口にしない彼に対して精神面で落ち込んでストレスとなったのではないかということです。

    今回の件でも昔おつきあいした人に裏切られてしまうのでは?というトラウマもここで関係してくるのかもしれませんね。
    昔のように精神安定剤を大量に飲みすぎてしまうのではないかと、仕事関係や家族も気が気ではないでしょう。


    まとめ


    華原朋美さんは男性に依存するタイプということと過去のトラウマが原因で精神的ストレスを抱え込み急性ストレス反応になったようです。

    やはり全ての原因が重なってそれがストレス反応を起こした原因でもあるようですね。
    どうしても過去の男性遍歴をみても男性に依存してしまうタイプのようですね。
    そしてもっと自分を大切にして欲しいと思います。

    トモちゃの笑顔が戻ってきてくれることを祈るばかりです。

    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。