医療費控除で交通費の申請書の書き方は?電車やバスも控除になるの?

    確定申告

    確定申告の時期が近づくと医療費控除の申請準備で領収書をまとめたり交通費の計算をしたりと忙しくなりますよね。

    でも申請書の書き方がわからなかったり、電車は領収書がでないけど控除の対象なの?

    そんな疑問を持ったことはありませんか?

    そこで今回は医療費控除の交通費で控除対象になるものやならないもの、申請書の書き方について調べてみました。

    スポンサーリンク


    医療費の申請書の書き方の前に、電車やバスは領収書がでないから控除対象にならないと勘違いしている人もいますが、領収書が出なくても控除対象になります。
    では、詳しく見ていきますね。

    医療費控除の交通費申請で控除できるものとできないものとは?


    【交通費控除できるもの】

    ・電車やバス

    電車やバスは領収書がとれないので、申請できないと思っていませんか?実は公共交通機関の電車やバスを利用しないと通院できない人などは申請の対象になるんですね。

    領収書がでないので用紙にまとめて書いて出せばOKです。詳しい書き方は後ほどご説明しますね。

    ・電車やバスなどが使えない場合のタクシー代

    緊急の場合(妊婦の陣痛)や骨折して歩行が困難な場合、電車やバスが使えない場合がでてきます。
    いわゆる緊急を要する場合、タクシーを使った時は申請できます。

    ・付き添い人の交通費

    お年寄りや小さいお子さんが病院に通院のため、付き添い人が必要となりますので、この場合も付添い人の交通費が申請できます。

    入院している人のお世話の場合は対象外ですので、あくまでも病人と一緒の付き添いに限ります。

    【交通費控除できないもの】

    ・自家用車で通院した場合の車のガソリン代

    医療費控除の交通費で申請できると嬉しいのがガソリン代じゃないですか?
    私も以前通院してた時車を使ってたのでガソリン代もかかりました。でも、ガソリン代が対象外なんです。
    その理由として・・

    医療費控除の対象となる通院費は、医師等による診療等を受けるため直接必要なもので、かつ、通常必要なものであることが必要とされており(所得税基本通達73-3)、この場合の通院費は、電車賃やバス賃などのように人的役務の提供の対価として支出されるものをいいます。
    したがって、自家用車で通院する場合のガソリン代や駐車場の料金は、医療費控除の対象とはなりません。
    -引用元:国税庁HP-

    私も期待してたんですけど、ガソリン代が対象外でがっかりです。

    電車やバスなどの領収書がない申請書の書き方は?


    電車やバスなどを使って病院に通院した場合領収書はでませんよね。

    今は「スイカ」や「パスモ」などといった便利なものがあるので、領収書を取ることは困難です。

    なので、交通費はエクセルなどで「医療費控除の内訳明細書」を簡単に作成しておくといいですね。

    医療費控除
    雛形は特に決まってないので、通院した日付や支払い金額と交通費などに分けて作っておくとわかりやすいです。

    エクセルが使えないという人は100円ショップなどでレポート用紙を購入し手書きで記入していくといいですね。

    ちょっと大変ですが、通院日が多い人は予め作っておいて通院した日にすぐに記入しておくと後々便利です。



    医療費控除の交通費の申請書の書き方は?

    医療費控除
    そして作成した医療費控除内訳明細書をみながらかかった病院ごとに合計した金額を記入します。

    その時に行を一段下げて交通費(通院費)の金額を医療費の明細書の中の支払った医療費の下へ書き込みます。

    領収書がない交通費の内訳明細書を一緒に添付し提出しましょう。

    ※医療費控除は家族(生計を一にしている)親族もまとめて申請できるので、かかった病院と一緒に交通費も一緒に記入しましょう
    例えば、仕送りしている大学生や単身赴任中の夫の分も記入できます。

    医療費控除に提出する領収書は原本?


    医療費控除に添付する領収書は原本を添付書類の台紙に添付して提出します。

    原本を提出してしまうと控えがないので心配な人は添付書類の台紙に添付しないで確定申告書を提出するときに提示するだけで大丈夫です。

    申告書を郵送する場合は、領収書を戻して下さいと一言添えて返信用封筒(切手貼付)を同封すると返却してくれますよ。

    提出した医療費の領収書の保存期間は税務署で1年間だけのようです。


    まとめ


    確定申告で医療費控除の交通費を申請する時はできるものとできなものがあります。

    緊急の時に電車やバスを使えずタクシーを利用する人は交通費を申請できたり、電車やバスの領収書が発行されない場合も申請できます。

    通院の為に車を使う場合のガソリン代や駐車場代は医療費控除の交通費の申請対象にはなりません。

    自分はどれに当てはまるのか、対象になるものがあれば内訳明細書に記入して医療費控除申請書と一緒に領収書も添付して提出しましょう。

    確定申告の時期は税務所も混雑しますので早めに申告できるよう普段から領収書をこまめに整理するなど準備は前もってしておくと後々楽ですよね。

    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。