しつこいコバエはどこから?発生源となる場所や退治方法は

チョウバエ

コバエってしつこいですよね。

殺虫剤で殺してもまた少したつと音もなく飛んでくるコバエ達・・・最近コバエより小さい虫が実はノミバエだったということに気づいたんです。


しかも、ノミのように小さくてテーブルの上をあるいたり跳ねたり・・・そんなコバエ(ノミバエ)についてどうしたら退治できるか?コバエ対策について調べてみました。


スポンサーリンク


そもそもコバエって何?って思ったことありませんか?ハエの小さい盤・・・だからコバエ(小バエ)??だと思っていたら実は、コバエって6種類くらいいるハエより小さな虫を全部まとめてコバエと呼ぶんだとか・・・

種類が多いのでどの虫がショウジョウバエでどの虫がノミバエなんて考えた事もなかったんです。

写真ではなかなか区別するのが難しいですけど色や形、大きさなどで判別できるようです。そこで最近よく耳にする代表的なコバエをいくつかあげてみました。


コバエの発生源はどこから?


ノミバエ(発生源)


・排水口

・観葉植物の受け皿の腐敗水や肥料など

・動物の糞


ノミバエ,ショウジョウバエ
ショウジョウバエ(発生源)

・バナナの皮やりんごの皮やメロンなどの果物なら何でも。

・発酵食品(味噌、醤油、漬物)

・納豆の空きパック、牛乳パック、ビールの空き缶



チョウバエ(発生源)

チョウバエ
・浴室の排水溝や浴槽下の水垢汚れ

・台所や洗面所の配水管のヘドロ状なもの

・下水道や雨水枡


やはり発生源は排水溝や生ごみが多いようですね。次に家庭に最も多く発生するというコバエ(ノミバエ)が発生しないようにする対策です。


コバエ(ノミバエ)対策


☆お風呂の排水溝はこまめに掃除し、ぬめりは禁物です。1ヶ月に1度のペースで排水溝用の洗剤(パイプフィニッシュ)で掃除をするといいですよ。


☆台所の排水口もぬめりはコバエが発生する原因です、こまめに掃除しましょう。生ごみで出た野菜や果物の皮などは、新聞紙にくるみ水気をとってビニール袋に入れて捨てるようにしましょう。特に梅雨のジメジメした時期は生ごみの臭いで虫が寄ってきます。

☆観葉植物の培養土にも発生源となる原因があるそうです。100円ショップなどに売られている培養土には時々ハエの卵が入っている場合があるとか・・・ハエは湿度が多く腐った所が好きなので、培養土の土に卵を産みつけてしまうそうです。

それが孵化しコバエ発生の原因になってしまうそうですから、観葉植物の土は腐葉土は避け、高温で焼いた赤玉土などを使ったほうがよさそうです。

意外とこれらの対策をしてもコバエ(ノミバエ)が発生して困るっていう人が実は多いんです。何だと思いますか?その原因は、動物の糞などから発生します。

ペットにネコちゃんを飼っていると猫の糞の後始末をそのままにしておいたり袋をそのまま捨てずに放っておくとコバエ(ノミバエ)が発生します。

猫ちゃんがトイレで糞をしたら綺麗に片づけましょう

動物の糞についたコバエ(ノミバエ)は台所の上を歩き回ります。洗ったコップやカップを台所にそのままにしておくと、容赦なくコップの中に入ってきます。

食べ物にもつく習性があるので、夏場は食中毒にならないよう気を付けなければいけません。



コバエ(ノミバエ)退治


コバエ(ノミバエ)対策には何がいいかというと、めんつゆトラップが一般的ですよね。私もめんつゆトラップを試しに作ってみたところ、一匹も取れませんでした~^^;

虫の種類によってアルコールは効かないらしいです。


めんつゆトラップ
そしてテレビで宣伝していた「コバエがホイホイ」も試しに買って使ってみたところやはり見事に取れませんでした。こちらも虫の種類によって取れる取れないがあるとか・・・


コバエがホイホリ
そこで試してみて良かったのが、ハエトリ棒やハエトリ・リボンです。まずハエトリ棒はストローの棒に粘着剤がついていてその棒を台座の穴に立てるだけです。


ハエとり棒
こちらのストローについているビニールを剥がす時、手に粘着剤がくっつくかも知れないので、ビニールを剥がす時は気をつけて剥がして下さい。


そして肝心なのは台座の穴の中に、黒酢か赤ワインを2~3滴たらして使って下さい。すると次の朝にはコバエがついてる場合があります。

ついてる場合?というのが、置き場所間違えると残念な結果になってしまいます。ですので、置くときは窓際や流し台、ゴミの周りに置くことをお勧めします。


お値段も手頃で500円くらいでドラッグストアなどに置いてあります。

ペットがいる家はねこちゃんのトイレの近くに置くといいですよ。でも、猫パンチされない場所に置いてくださいね。

ハエトリ・リボンも昔を思い出しますが、こちらも効き目があるので試してみる価値はあると思います。

こちらも天井からぶら下げるだけなので、台所などのぶつからない場所を選んで取り付けてみてはいかがですか?こちらは5個セットで200円くらいです^^


ハエ取りリボン

まとめ

コバエ(ノミバエ)は6月~7月、9月~10月の時期に多く発生すると言われています。排水口や生ごみ、観葉植物やペットの糞などから多く繁殖しますのでこまめに掃除し、少しでもコバエ(ノミバエ)の発生を防ぎたいですよね。

小さな虫が飛び回っていると、うっとおしいどころか衛生的にも良くないです。コバエ(ノミバエ)対策や駆除をしながら快適な日々を過ごしてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください