恵方巻きを無言で食べるのはなぜ?恵方ってどんな意味があるの?

    恵方巻き

    節分は2月3日ですが、節分になると豆をまき、恵方巻きを食べます。

    食べる時は無言で食べるというこだわりがありますが、なぜ無言で食べるのでしょう?

    他にもそもそも恵方って何?という疑問が残ったので早速調べてみました。

    スポンサーリンク


    日本は昔から風習とか縁起担ぎとかいろいろとこだわりがありますよね。

    そういう私も縁起担ぎで昔からの風習を気にしながら今まで過ごしてきたような気がします。

    そんな風習のひとつに恵方巻きを無言で食べなければいけないというこだわり?みたいなのってどうなの?と思いますが、恵方巻きを無言で食べなきゃ災いごとでもあるのかと思うと、気になりますよね。

    早速その意味について調べてみました。

    恵方巻きを無言で食べる理由とは?


    節分には豆まき、そして恵方巻きをその年の恵方の方角を向きながら願い事を込めて無言で食べると、ご利益を頂けると言われています。

    これには恵方巻き=巻きずしの巻くは福を巻き込むとも言われ巻きずしを食べながら喋ってしまうと巻き込んだ福が逃げてしまうということから最後まで無言で食べるという風習のようなものですね。

    ちなみに切って食べると縁を切るとも言われて縁起がよくないので、切らずに1本食べましょう。

    恵方巻きを食べる時はその年の「恵方」の方角を向きますが、そもそも恵方ってどんな意味があるの?という疑問にお答えします。

    恵方ってどんな意味があるの?


    恵方とは、神様(歳徳神)としとくじんがいる場所(方角)を指します。

    歳徳神という神様はその年の金運や幸せを良い方向へ導いてくれる神様のことを言います。

    でも歳徳神さまは毎年一箇所にとどまってなく、毎年場所が変わることから恵方も変わってくるというのです。

    その年の方角(恵方)に向かって神様にお願いするとご利益を頂けることから恵方巻きもその年の恵方の方角を向いて食べるといいですよ、ということなんですね。

    恵方巻きってどこが発祥なの?


    次に恵方巻きですが、恵方巻きとは節分の日に食べると縁起がいい「太巻き寿司」のことをいいます。

    発祥は大阪(関西)で節分に商売繁盛を祈りながら食べたことが始まりで恵方巻きの名前は、以前は恵方巻きと呼ばれていなかったんですね。

    前の名前は「節分の巻きずし」「丸かぶり寿司」と呼ばれていました。

    それが、平成10年にコンビニエンスストアが商品名に「丸かぶり寿司恵方巻き」という名前を付けたことから、わかりやすく「恵方巻き」ということで全国に広まったというのです。

    確かに「丸かぶり寿司恵方巻き」って長すぎますよね。

    ローソンの恵方巻き2017の予約はいつまで?値段や特典はあるの?


    恵方巻きを食べながら笑ったらどうなの?


    恵方巻きを無言で食べてるとなぜかおかしくて笑いたくなりませんか?

    笑って食べても何も問題ありません。

    よく「笑う門には福来る」という、ことわざがあるように「悪い気」を笑いで払うという意味もあるんですね。

    他にも「目を閉じて食べる」という節もあるようです。

    これにも願い事を叶えるときは目を閉じてお願いするということからも、そう言われているようです。

    それなら全部やってみたら福が沢山もらえるということも考えられる?

    ★目を閉じて笑いながら無言で食べる!これにつきますね^^

    想像しただけでもちょっと変な感じすらしますが?

    でも、福を巻き込むならちょっとぐらい許せますよね。

    特に小さいお子さんがいるご家庭ではそんなの気にしないで最初から喋ってしまいそうですが、それもご愛嬌ということで仕方ないのかもしれませんね。

    まとめ


    恵方巻きを無言で食べるのは、巻きずしの巻くは福を巻き込むとも言われ、巻きずしを食べながら喋ってしまうと巻き込んだ福が逃げてしまうということから最後まで無言で食べるということでしたね。

    恵方の意味も歳徳神がいる場所(方角)を意味するというので、恵方巻きを食べる時は、恵方の方角を向きながら、切らずに丸ごと目を閉じて無言で笑いながら食べるとご利益を頂けるということです。

    これで今年も無病息災で、幸せに1年迎えられるといいですね。

    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。