東京のお花見で屋台がある人気スポットはココ!

    お花見

    3月に入るとそろそろお花見のシーズンになります。

    東京には桜の名所が沢山ありますが、毎年桜の名所は大勢の花見客で賑わいをみせます。

    お花見で宴会をする人は、屋台がある場所を探してお花見を楽しむ人も多くなっています。

    屋台があるとその場で食べたり飲んだりできて、買出しに行かなくていいので便利ですよね。

    そこで今回は東京のお花見で屋台がある人気スポットをいくつかご紹介したいと思います。

    スポンサーリンク


    屋台があると本当に便利ですよね、その場ですぐ温かい飲み物や食事ができて、きれいな桜を見ながらお花見を楽しめます。

    屋台のたこやき、やきそば、お好み焼きなど屋台で食べると味も格別に美味しかったり。

    では、さっそく屋台がある東京のお花見スポットをご紹介していきます。

    お花見屋台

    靖国神社


    靖国神社といえば東京都の桜の開花発表でもおなじみの神社ですが標本木がある場所でも有名ですよね。

    そんな靖国神社には500本もの桜の木があり、満開の時は多くの花見客で賑わいます。

    その年によって桜の開花時期も変わってきますが、見頃は3月下旬から4月上旬になります。

    毎年靖国神社では「さくらフェスティバル」と「千代田さくらまつり」が行われ、屋台も200店舗出店するんですよ、凄いですよね。

    桜のシーズン期間は30万人の人出が予想されますので境内はすごく混雑します。

    他にも境内の内苑や外苑にも売店や茶店などもあり、甘酒やおでん、お団子などを販売してるので、お花見をしながら食べ歩きするのもいいですよね。

    【アクセス】

    JR「飯田橋駅」から徒歩10分
    JR「市ヶ谷駅」から徒歩10分
    地下鉄「九段下駅」から徒歩5分

    住所:東京都千代田区九段北3-1-1

    ※駐車場は「外苑整備工事」の影響で外苑駐車場が縮小され一部使用できない状況になっていますので、交通機関は電車を利用した方がよさそうです。

    上野恩賜公園


    上野恩賜公園(うえのおんしこうえん)には1,200本の桜が咲き誇り毎年沢山の花見客が訪れます。

    こちらの上野公園は毎年桜の時期になると多くの方が場所取りをしに夜中からブルーシートと寝袋持参で頑張っている人いませんか?

    会社に入ったばかりの新入社員の方は毎年場所取りが恒例となっている会社もあるとか・・・

    そんな上野公園の屋台の場所ですが、上野東照宮境内不忍池周辺で屋台のお店が出店されます。

    こちらの屋台のそばにはテーブルや椅子が設置されているので屋台で好きなものを買ってテーブルで食べたり桜を鑑賞することができるのでいいですよね。

    毎年上野公園では、桜まつりも開催されます、例年だと3月の第3土曜日~4月の第2日曜日に行われ(桜の開花状況によっては変更)夜の8時までボンボリの灯りが灯ります。

    家族連れはもちろん、友人と一緒に来たり、デートにも人気のスポットですね。

    【アクセス】

    JR地下鉄京成「上野駅」からすぐ
    JR地下鉄銀座線・日比谷線「上野駅」から徒歩2分
    京成線「京成上野」下車 徒歩1分

    隅田公園


    隅田川は花火大会でも有名な場所です。

    近くには東京スカイツリーも見えてお花見スポットとしては絶景の場所です。

    しかも隅田公園の桜は「さくらの名所100選」にも選ばれています。

    そんな隅田川沿いにある隅田公園は桜が川沿い1kmの間にソメイヨシノなどの桜が1.000本近く植えられています。

    川沿いの桜は綺麗ですよね、散歩するだけでも心が癒されます。

    隅田川公園では「隅堤さくらまつり」が3月下旬から4月上旬まで行われ、屋台はもちろん、向島芸妓茶屋なども出店します。

    夜にはライトアップも楽しめますのでライトアップされた夜桜を見るのも情緒があっていいですよね。

    ・墨堤さくらまつりライトアップ時間日没~21:30頃まで。

    住所:墨田区向島1丁目、2丁目、5丁目

    ・隅田公園桜まつりライトアップ時間日没~22:00頃まで。

    住所:台東区花川戸1-1、花川戸2-1、浅草7-1

    【アクセス】

    ・都営浅草線「浅草駅」から徒歩5分
    ・東武線「浅草駅」から徒歩3分
    ・東京メトロ銀座線「浅草駅」から徒歩3分
    ・つくばエクスプレス線「浅草駅」から徒歩10分



    小金井公園


    小金井公園もお花見スポットとしては有名で園内には、1,700本の桜が咲き誇り沢山の人で賑わいを見せます。

    何といっても小金井公園は広いんですよね、広さに例えると東京ドーム17個分って予想もつかない広さなんですね。

    ちなみに東京で一番広い公園は昭和記念公園で東京ドーム38.5個分だそうです。

    どんだけ広いの?って思います。

    小金井公園のお花見の時期は3月下旬から4月上旬ですが毎年「桜まつり」が4月上旬の第1週の土日2日間に開催されるのでその時屋台40店舗以上出店します。

    【アクセス】

    住所:小金井市桜町三丁目、関野町1・2丁目、小金井市花小金井南町3丁目、西東京市向台6丁目、武蔵野市桜堤3丁目

    電車やバス、車をご利用の場合はこちらを参考にしてください。

    ⇒小金井公園の電車やバス案内

    代々木公園


    代々木公園の桜もきれいなんですよね、芝生もきれいな公園ですが、お花見の時は普段より花見客が多くなります。

    おすすめは中央広場の芝生から寝転がって見る桜が最高です。

    桜の数も600本もあるという代々木公園ですが、屋台は公園内にはなく代々木公園の入口や渋谷門の近くに屋台が出店してます。
    お花見シーズンは屋台の数も普段より多くなるようです。


    他にも屋台ではないですが、代々木公園内の桜の園で、土日限定でケータリングの車が来てる場合があります。
    おつまみの盛り合わせやオードブルのセットなどが販売されているようです。

    【アクセス】

    住所:東京都渋谷区代々木神園町2-1

    ★電車:JR山手線「原宿駅」から徒歩3分、地下鉄「代々木公園駅」から徒歩2分
    ★車:首都高4号新宿線の代々木出口から5分「駐車場は有料で400円/1時間(150台)」

    【関連記事】
    神奈川県のお花見で屋台がある人気スポットは?時間は何時まで?

    まとめ


    いかがでしたか?東京のお花見で屋台がある人気スポットは、・靖国神社・上野恩賜公園・隅田公園・小金井公園・代々木公園をご紹介しました。

    屋台があれば、手ぶらで出掛けて宴会を楽しむこともできますよね。

    家族や友人、デートでのお花見は屋台が近くにあるお花見スポットで桜を満喫してみてはいかがですか?

    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。