六義園の桜2018の開花は早い?ライトアップの時間や花見でシートは?

お花見

六義園(りくぎえん)の桜といえばしだれ桜が有名ですよね。

毎年東京のお花見で上位を占めるほど六義園のしだれ桜は昼はもちろん夜のライトアップされた光景は予想を裏切らない見ごたえのあるしだれ桜です。

そこで今回は六義園のしだれ桜の開花状況とライトアップの時間やお花見でシートを敷いて観ることができるのか気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


六義園は春は桜、秋は紅葉と東京都内でも人気の庭園で毎年沢山の人が訪れます。
関東でも行ってみたい桜の名所ランキングで2位のお花見スポットです。


園内の桜はもちろん、しだれ桜見たさに来る花見客が多いんですね。
その壮大なスケールのしだれ桜をご案内します。



上の動画は昼間のしだれ桜から夜のライトアップまで映し出され、庭園の池では錦鯉が春を感じさせる光景です。
では、六義園の開園時間や入園料からご案内しますね。

●開園時間:午前9:00~午後9:00(入園は午後8:30分まで)※通常は午前9:00~午後5:00(入園は午後4:30分まで)

※駒込駅から徒歩2分の染井門を開門します。

●入園料:一般300円(65歳以上150円)※小学生以下や都内在学中の中学生は無料


私も以前紅葉のシーズンにこちらの六義園を訪れたことがあるんですけど、ライトアップされたもみじやイチョウなどまるで日本庭園の写真のようで見事でした。

次に六義園の桜の開花情報から見ていきますね。

六義園の桜の開花は早い?


六義園といえばしだれ桜が有名ですよね、高さ15m幅約20mもある淡いピンク色のしだれ桜は、まるで滝が流れるかのように咲き誇り、観る人の心を和ませてくれます。

毎年六義園の桜の開花情報では、3月24~4月3日頃までが見ごろで満開は3月29日頃と言われていました。
今年は3月20日に開花し3月27日頃が満開のようです。

今年は3月の上旬は肌寒い日が続きましたが、中頃に5月上旬を思わせるような気温の上昇から、平年よりも桜が早く開花するという発表が気象庁からありました。

心配の方は六義園のライブカメラの映像がありますので参考にしてみてくださいね。

六義園ライブカメラ(※9:00~17:00まで映像)
※ライブカメラは、アクセスが集中した場合、閲覧できなくなる場合もあります。

六義園のライトアップの時間は?


六義園のしだれ桜のライトアップもすごくきれいなんですよね。
ライトアップはしだれ桜と大名庭園がライトアップされます。


期間は3月21日~4月5日までとなっていてライトアップ期間中は混雑が予想され入場制限が行われる時もあります。

時間は日没~21:00まで(通常17:00)となっています。

⇒園内案内図

六義園はしだれ桜だけではなく、他にもソメイヨシノやヤマザクラなど75本のさくらの樹が植えてあるので、いろんな桜も楽しめますよ。

六義園は花見でシートはOK?


さくらのお花見はシートを敷いてゆっくりお花見をたのしみたいですよね。
でも、ここ六義園は芝生の上にシートを敷いたりしたら駄目なんです。


その理由として芝生が荒れるのを防ぐ為で、日本庭園ならではの美しさ(景観)の心くばりといったところでしょうか?
どうしても芝生の上でレジャーシートを敷いてゆっくり花見を楽しみたい!という人は新宿御苑の芝生の上なら寝転がってもレジャーシートを敷いて花見を楽しめますよ。

新宿御苑の桜2017お花見の場所取りや混み具合は?ライトアップはある?

■六義園のお花見マナー


・シートを敷いてのお花見は禁止。

・三脚を立てての写真は禁止。

・ペットを連れての入園禁止。


■園内に休憩所はあるの?


園内の所々に長椅子が置かれていますが、ほとんどいっぱいです。
茶屋(お休み処)が2か所ありますので、そちらで休憩できます。

◯さくら茶屋(甘酒や炭焼だんご、さくらジェラート、ビール、豚汁など)

営業時間:9:30~20:30(ラストオーダー20:00)

場 所:けやき広場に紅白の長椅子が設置されていてそちらで休憩できます。

【抹茶茶屋】

◯吹上茶屋(抹茶と和菓子のセット販売があります)

営業時間:9:00~20:30(ラストオーダー20:00)

◯心泉亭(抹茶と和菓子のセット販売があります)

営業時間:平日10:00~20:00(ラストオーダー19:30)土日祝10:30~20:00(ラストオーダー19:30)

アクセス


電 車:JR山手線・東京メトロ南北線「駒込」(N14)下車 徒歩7分
   都営地下鉄三田線「千石」(I14)下車 徒歩10分

駐車場:駐車場はありませんので近くのコインパーキングをご利用ください

住 所:東京都文京区本駒込6-16-3


まとめ


今回は六義園の桜2017の開花は早い?ライトアップの時間や花見でシートは?をご案内しました。
六義園はしだれ桜が人気の庭園です。

開花はソメイヨシノなどの桜よりも、若干早く咲き、3月20日位から3月27日頃が見頃になります。

ライトアップの期間も3月21日頃~4月5日となり、時間も日没から21:00までとなります。

特に満開の時は混雑が予想されますので、混雑を避けるのでしたら、正門よりも「染井門」(駒込駅)から2分のほうが比較的空いてる場合があります。

六義園の桜は庭園とのコラボレーションが凄くきれいなので一度足を運んでみてはいかがですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事

SNSでもご購読できます。