千鳥ヶ淵の桜2017最寄駅と混雑を避けるには?お花見のコースも!

    お花見

    千鳥ヶ淵の桜は毎年全国から100万人以上も花見客が訪れる東京でも人気の花見の名所です。

    千鳥ヶ淵の緑道は全長700mもある桜のトンネルがあり、全国から花見客が訪れ千鳥ヶ淵周辺の最寄り駅は混雑します。

    そこで今回は、千鳥ヶ淵の最寄駅と混雑を避けるには?そしてお花見のおすすめコースも一緒にご案内します。

    スポンサーリンク


    その前に千鳥ヶ淵の桜の開花ですが、今年は3月24日に開花し4月2日が満開予想となっています。
    過去の桜の開花日~満開までを参考に載せておきます。

    2016年:開花日「3月25日」満開日「3月30日」

    2015年:開花日「3月28日」満開日「4月1日」

    2014年:開花日「3月29日」満開日「4月3日」


    その年の気温の変化によっては、開花したと思ったら、気温が平年より低い日が続きなかなか満開にならない年も過去にはありました。

    千鳥ヶ淵の桜の開花状況(ソメイヨシノ)

    千鳥ヶ淵緑道への最寄駅は?


    千鳥ヶ淵緑道の最寄駅は、地下鉄東京メトロ半蔵門線の「九段下駅」2番出口より、歩いて7~8分と「半蔵門駅」5番出口より、歩いて7~8分です。

    「九段下駅」から降りた場合、桜が満開の土日に重なった時などは出口が大変混雑します。
    混雑する理由は千鳥ヶ淵でボートに乗って桜を見る花見客もいるのでボート乗り場に行く人で九段下駅は特に込みます。

    千鳥ヶ淵のお花見はボートで夜桜を見たい!待ち時間はどのくらい?

    千鳥ヶ淵のお花見混雑を避けるには?


    「半蔵門駅」または周辺の駅から千鳥ヶ淵緑道へ歩いたほうが比較的混雑しないと思います。
    周辺の駅は東京メトロ東西線の「竹橋駅」です。

    こちらの竹橋駅から千鳥ヶ淵までは、歩いて18分くらいかかりますが、左手に皇居の周りの桜を見ながら、そして右手に北の丸公園の桜を沢山満喫できますよ。

    歩くのは嫌ではなかったら、足腰の運動に?少し遠回りをしてもいいかもしれませんね。しかも空いてますし~。


    そして何と言っても土日の満開時には混雑しますので、平日のお花見をお勧めします。
    でも土日しか来れない場合は混雑する時間帯を避けるしかありません。


    混雑するのが10:00~15:00、18:00~20時くらいですので、早朝か夕方15:00~17:00位が比較的空いています。

    【混雑を避ける方法】

    1.半蔵門駅や竹橋駅を下車

    2.平日にお花見する

    3.空いてる時間に行く(早朝または15時~17時頃)

    4.千鳥ヶ淵緑道が混雑してたら千鳥ヶ淵公園と北の丸公園が空いている。


    他にも千鳥ヶ淵お勧めのコースが2つあります。

    1.千鳥ヶ淵・北の丸一周ルート(所要時間50分)

    2.千鳥ヶ淵・半蔵門線直線ルート(所要時間35分)



    ●千鳥ヶ淵・北の丸一周ルート(所要時間50分)

    ・九段下(スタート)⇒千鳥ヶ淵緑道⇒代官町通り⇒北の丸公園⇒田安門⇒九段下(ゴール)

    こちらのコースは九段下~日本武道館方面へ歩いて東京国立近代美術館芸館を過ぎ千鳥ヶ淵緑道(さくらのアーチ)を通るコースです。

    千鳥ヶ淵お花見コース 出典:http://kanko-chiyoda.jp/tabid/1117/Default.aspx

    ●千鳥ヶ淵・半蔵門線直線ルート(所要時間35分)

    ・九段下(スタート)⇒千鳥ヶ淵緑道⇒英国大使館⇒千鳥ヶ淵公園⇒半蔵門(ゴール)

    こちらのコースは一周コースと違い時間も早くなります。
    混雑時は写真を立ち止まって撮るのは難しいでしょう。
    カメラの三脚で撮ることも禁止されています。

    千鳥ヶ淵周辺のお花見スポットは?

    千鳥ヶ淵緑道が混雑してお花見ができないという方は、近くの公園の桜がきれいなのでちょっと足を運んでみませんか?

    ●北の丸公園


    北の丸公園は「九段下駅」と「竹橋駅」からも近い場所にあります。園内には芝生や池などがあり緑に囲まれた公園です。


    桜の樹は「ソメイヨシノ」など約330本というこちらも靖国神社に負けないくらい沢山の桜を観ることができます。
    園内を散歩するのもいいですし、シートを敷いてお弁当を食べるのもいいですよね。

    アクセス:「九段下駅」2番出口から徒歩5分「竹橋駅」1b出口から徒歩5分

    ●千鳥ヶ淵公園


    千鳥ヶ淵公園は、皇居の西側にあり英国大使館の前、半蔵門駅方面にあります。
    ソメイヨシノなどの桜の樹が約170本植えられ菜の花も咲いている景観がきれいな公園です。


    こちらの公園はシートを敷いてお花見ができますので、千鳥ヶ淵緑道へ来た人が立ち寄ってお弁当を広げてお花見を楽しむ人もいます。ただ、公園内には屋台(露天)などは禁止になっているのでありません。


    屋台は近くの靖国神社の屋台のみとなっています。施設内の管理体制が整っているので、ごみは持ち帰りブルーシートの場所取りは禁止されています。

    アクセス:半蔵門線「半蔵門駅」3番出口から徒歩3分


    ●皇居東御苑


    皇居東御縁は芝生の広場に廻りが木々に囲まれ桜の花、ソメイヨシノやヤマザクラの樹が約280本植えられています。

    入園は無料ですが、スポーツしたりお酒を飲むことも禁止されています。

    アクセス:「竹橋駅」1A出口から徒歩5分「大手町駅」C10出口から徒歩5分

    開園時間:①9:00~16:30分(入園は16時)3/1~4/14日②9:00~17:00分(入園は16:30)4/15~8月末まで
    定休日:月曜・金曜・12月28日~1月3日まで


    他にも花見客の雑踏からあなただけの異空間を楽しむなら美術館めぐりもおすすめです。

    ●東京国立近代美術館


    こちらの美術館は日本で最初の国立美術館としても有名で絵画や水彩画、彫刻や版画など200点以上展示しています。

    北の丸公園にある東京国立近代美術館で、絵画を見ながらゆっくりとした時間を過ごしてみてはいかがですか?

    営業時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)※金曜日は20:00まで開館
    料金:一般・430円、大学生:130円、高校生以下は無料です。
    定休日:月曜日※月曜が祝日の場合は開館、翌日休館

    ●東京国立近代美術館工芸館


    こちらは東京近代美術館の分館で、陶磁や染織、漆工などが100点展示してある工芸館です。

    ※入館料や営業時間は東京国立近代美術館と同じですが、東京国立近代美術館のチケットで工芸館は無料で観覧できます。

    まとめ


    千鳥ヶ淵の桜2017最寄駅と混雑を避けるには?お花見のコースも!をご案内しました。
    千鳥ヶ淵の最寄駅は「九段下駅」と「半蔵門駅」になりますが「九段下駅」は出口あたりで大変混雑します。

    混雑を避けるには

    1.半蔵門駅や竹橋駅を下車
    2.平日にお花見する
    3.空いてる時間に行く(早朝または15時~17時頃)
    4.千鳥ヶ淵緑道が混雑してたら千鳥ヶ淵公園と北の丸公園が空いている。

    他にも千鳥ヶ淵お勧めのコース

    1.千鳥ヶ淵・北の丸一周ルート(所要時間50分)
    2.千鳥ヶ淵・半蔵門線直線ルート(所要時間35分)

    コースは、お好きなコースを時間をかけてゆっくり回るのもいいかも知れませんね。
    4月とはいえ、夜はかなり冷え込みますので、防寒対策も忘れずにして出掛けて下さいね。

    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。