飛鳥山公園の桜まつり2018花見の屋台とライトアップの時間はいつまで?

お花見屋台

飛鳥山公園は東京北区にある桜のお花見スポットとして有名です。

毎年行われる桜まつりは沢山の人で屋台も賑わい夜のライトアップ時には花見の宴会で盛り上がります。

そこで今回は飛鳥山公園の桜まつりの催しものと、屋台やライトアップの時間なども調べてみました。

スポンサーリンク


東京北区の飛鳥山公園は徳川吉宗が桜の樹を植えたことで広まった桜の名所、お花見スポットです。

小高い丘の上にあるためお年寄りや体の不自由な方の為に飛鳥山公園の入り口から山頂の間までモノレールが設備されています。

スポンサーリンク


ただ、誰もが利用してもOKなんですが、花見の時には混雑して長蛇の列が予想されますので、足腰が丈夫な方は健康の為に上まで歩いてみてはどうですか?良い運動になるかもですよ^^

では、飛鳥山公園の桜の開花についてみていきますね。

飛鳥山公園の桜の開花は?


飛鳥山公園の北側の高台には桜の樹がおよそ650本もあり、ソメイヨシノやサトザクラ、カンヒザクラなどの桜を観賞できます。


毎年花見客の数が7万人を超えるという飛鳥山公園。
飛鳥山公園の桜の開花は例年では3月末~4月上旬となっています。


2018年の開花予想では3月下旬には開花し、4月3日が満開予想となっています。
気温の変化で早く満開になる年もあれば4月上旬に満開になったりしますよね。

でも2018年は桜まつりが3月31日~4月1日なのでその頃を目当てに出掛けてみてはどうですか?

飛鳥山公園さくら祭り催しものは?


正式名称を「北区さくら*SA*KA*SO祭り」といいます。

ちょうど桜が満開時の土日を利用して行われるさくら祭りは、2日間だけ開かれるお祭りですが家族連れなど沢山の花見客で盛り上がりを見せるさくら祭りです。

イベントなどの催し物も開催していて、飛鳥山公園にある特設ステージでは様々なパフォーマンスが行われます。

2018年の3月31日は和太鼓や日本舞踊、子供たちによる子供歌舞伎など、そして、1日には沖縄芸能エイサー太鼓など、大人から子供まで楽しめる催しものが目白押しです。

日程:2018年3月31日(土)~2018年4月1日(日)

時間:10:00~17:30(土)
   10:00~16:00(日)

場所:王子飛鳥山公園

料金:無料

飛鳥山公園さくら祭りの屋台の時間は?


桜の開花と同時に「さくらSA・KA・SO祭り」が開催されるので数多くの屋台も出店します。

時間は桜まつりが始まる10:00頃からお祭りが終了する16:00頃なので大きい屋台は16:00頃を目途にしまうお店も出てくることでしょう。

それ以降は、王子駅を出て公園への登り口付近に出る屋台もありますのでそちらも利用できます。
桜のライトアップの時間21:00頃までやっているお店もあるようですが天候によっては早く閉めるお店もあります。


桜まつりの2日間だけ出店する屋台は、飛鳥山商店街に入っているお店が出店するのでメニューも豊富で沢山あります。

いくつかメニューを紹介すると
・牛もつ煮込み
・バーガー、ソーセージ
・インド料理
・富士宮やきそば
・札幌ラーメン、沖縄そば
・ホタテ焼き
・焼き鳥、からあげ
・カレー・ナン
・海鮮汁
・ケバブ
・あゆの塩焼き
・おもち、おこわ
・牛タンシチュー、豚汁
・焼トン、焼団子
・お好み焼き、焼きそば

他にも地方の地酒やジュース、ワインやブランデー、物産展なども行っています。

飛鳥山公園のライトアップの時間はいつまで?


桜といえば、夜桜のライトアップもきれいですよね。

飛鳥山公園の桜のライトアップの開催期間は桜が咲いてる期間中ライトアップされます。

時間は18:00~21:00まで行われ宴会も21:00までとなっています。

飛鳥山公園は高台にあるため夜景もきれいなんですよね。
しかも公園は終日解放してますので21:00までライトアップが終わっても夜景は楽しめます。

【アクセス】

●所在地 – 東京都北区王子1-1-3

●電車:京浜東北線、東京メトロ「南北線王子駅」下車すぐ・都電荒川線「王子駅前駅」又は「飛鳥山停留場下車」すぐ
 飛鳥山公園モノレール飛鳥山山頂駅すぐ(桜開花時は長蛇の列です)

●駐車場:有料駐車場21台あり1台30分150円(桜開花時は満車になるので公共交通機関の利用を)

まとめ


飛鳥山公園の桜まつり2018花見の屋台とライトアップの時間についてご案内しました。

桜まつりに出店される地域の物産展の屋台も多く集まっていますのでお腹も満たされ桜に酔いしれお花見を楽しんじゃってくださいね。

ライトアップの時間も18:00~21:00までとなっています。

夜は冷え込みますので暖かい服装でお出かけくださいね。

スポンサーリンク
関連記事

SNSでもご購読できます。