吉野山の桜2017の見頃や開花状況は?ライトアップの時間や期間も!

    お花見

    奈良県の吉野町にある吉野山の桜は下千本~上千本、奥千本と桜が尾根から上へと山全体に咲き誇る日本一の桜の名所として有名です。

    特にライトアップされた山桜は幻想的な世界へと観る人の心を和ませてくれます。

    そんな吉野山の桜の見頃や開花状況、ライトアップの時間や期間なども一緒にご案内していきます。

    スポンサーリンク


    吉野山は山全体が世界遺産に登録されていて、山中にある「吉野水分神社・金峰神社・金峯山寺・吉水神社」が世界遺産に登録されている寺社、仏閣で、源義経のゆかりの地、芭蕉が散歩した文学の史跡なども見ることができます。


    吉野山には下千本~上千本、奥千本と名前がつけられ下から上、奥のいたるところに宿泊施設や飲食店、神社などがあります。

    なので、泊りがけで吉野山の桜や観光を楽しむことができ、特に春の桜の咲く時期は国内だけでなく外国人の花見客や観光客で賑やかになります。

    では、そんな吉野山の桜の見頃や開花状況をみていきたいと思います。

    吉野山の桜の見頃や開花状況は?


    吉野山の桜は山の下から開花しはじめ上に行くにしたがって徐々に色づき、奥千本になると4月の中旬あたりで桜が満開になります。
    例年では下千本が3月末~4月上旬に開花します。
    今年の奈良県の桜の開花予想は4月1日に開花し4月6日が満開予想となっています。

    ちなみに2016年の開花から見頃までを載せておきます。
    ・下千本が3月29日(見頃4月4日~8日)

    ・中千本が4月1日開花(見頃4月5日~10日)

    ・上千本が4月3日開花(見頃4月7日~11日)

    ・奥千本が4月9日開花(見頃4月12日~15日)


    桜を眺めることができる期間が2週間もあると、どの見頃の時期に行っても必ず桜が観れるっていいですよね。

    吉野山の桜の見どころは?



    吉野山の桜はシロヤマザクラが200種類3万本という数の桜が山の下から上に重なるように咲いていて、霧に包まれたヤマザクラは神秘的で素晴らしい光景です。

    吉野山の桜の見どころは、下千本~奥千本までの立ち寄りスポットが沢山ありますのでそれぞれのスポットを目指して行ってみてはいかがですか?
    吉野山桜出典:http://www.87yama.sakura.ne.jp/

    見どころの場所は下千本から奥千本までのスポットを載せておきます。上記の地図を参考にしてみてくださいね。
    下千本・・お野立ち跡から観た七曲り坂の桜・下千本展望所・蔵王堂、仁王門

    中千本・・吉水神社からの一目千本桜・如意輪寺方面

    上千本・・花矢倉展望台・滝桜

    奥千本・・高城山展望台・西行庵(桜と紅葉スポット)・金峯神社・水分神社(世界遺産)


    桜の満開時には混雑しますので、混雑を避けるには土日以外の平日に行くか、早朝の午前5時~6時に吉野山へ行かれると人も少なく、早朝の一番綺麗なヤマザクラを見ることができます。

    【シロヤマザクラってどんな桜なの?】

    シロヤマザクラは開花と同時に赤茶色の若葉がでることで赤茶色の葉とピンク色の桜が混ざって見えるのが特徴の桜です。

    ソメイヨシノと比べると華やかさに欠けますが、可憐で控えめな感じが見る人の心を和ませてくれます。

    吉野山の桜のライトアップや時間や期間は?


    吉野山ライトアップ 出典:http://yamahack.com/

    吉野山の桜は夜のライトアップがまた素敵なんですよね。
    では、ライトアップの場所や期間、時間をご案内しますね。

    ●ライトアップの場所(上記の吉野山桜見所マップ参照)

    ・下千本エリアの「七曲り坂」

    ・中千本エリアの「ごろべえ茶屋」

    ・上千本桜の「花矢倉展望台付近」

    ●ライトアップの時間

    時間:18:00~22:00まで

    ●ライトアップの期間

    期間:4月4日~4月24日(2016年)※その年の開花状況によって変更あり


    吉野山のアクセスは?


    【電車の利用】吉野山の最寄り駅は「近鉄吉野駅」になります。

    ・京都駅~近鉄特急で(1時間40分)

    ・大阪・阿倍野橋~近鉄特急で(1時間15分)

    ・近鉄名古屋駅~近鉄特急で(2時間55分)

    ⇒路線地図

    【車の場合】

    所在地:奈良県吉野郡吉野町吉野山2498

    TEL:0746-32-3081

    ・東京、名古屋、京都方面から「東京(新幹線)⇒名古屋⇒京都(近鉄特急)⇒橿原神宮前⇒吉野」

    ・神戸・大阪方面から「三宮(JR快速)⇒天王寺⇒(徒歩)⇒大阪阿倍野橋(近鉄特急)⇒吉野」

    【駐車場】

    吉野山には観光駐車場や郊外駐車場など多くの駐車場が隣接しています。

    下千本にある駐車場は吉野山で一番大きい駐車場になり、一般の人はここへ車を止めて散策にでかけます。
    普段は駐車料金無料なのですが、桜の観桜期は混雑となる為有料となります。

    駐車料金:1,500円(普通車)24時間駐車可・出入口夜間も閉鎖なし
    ※駐車料金は少しお高いですが、吉野山の桜の保全や、公共施設の建設などに利用されます。

    駐車場はこちらをどうぞ⇒吉野山の駐車場案内

    まとめ


    今回は吉野山の桜2017の見頃や開花状況やライトアップの時間や期間をお届けしました。

    吉野山は世界遺産の山としても有名で下千本~上千本、奥千本とまるで絵に書いたように淡い色の桜が観れます。

    桜の開花も4月上旬から中旬まで楽しめ夜のライトアップも18:00~22:00までご覧いただけますので是非吉野山の桜に足を運んでみてはいかがですか?

    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。