醍醐桜2017の開花や見頃は?駐車場混雑や渋滞の回避方法も!

    桜

    岡山県真庭市にある醍醐桜は開花と同時に毎年7万人が訪れる一本桜で有名な見ごたえのある桜です。

    樹齢は700年~1,000年以上と言われ日本名木百選にも選ばれました。

    そんな醍醐桜を一目見ようと桜の見頃時期には沢山の花見客で渋滞し駐車場も混雑します。

    そこで今回は醍醐桜の開花や、混雑を回避する方法と駐車場もご案内していきます。

    スポンサーリンク


    醍醐桜は岡山県の天然記念物にも指定され、醍醐桜の名前の由来は、後醍醐天皇が鎌倉時代の承久の乱で隠岐に流される途中に立ち寄り、美しい桜を観賞したことで名前がつけられたと言われています。

    高さは18m、幹の太さ7m、枝張り20mもある醍醐桜ですが平成14年4月NHK大河ドラマ「武蔵MUSASHI」のロケ地に選ばれました。

    テレビの影響もあって、今現在でも毎年醍醐桜が咲く4月上旬には周辺の道路は混雑し大渋滞になります。

    では、醍醐桜の開花はいつ頃なのかみていきたいと思います。

    醍醐桜の開花や見頃はいつ?

    醍醐桜 出典:http://4travel.jp/travelogue/10758681

    醍醐桜の今年の開花は3月31日となっており4月7日あたりが満開になります。

    ちなみに2016年は4月5日が満開で10日頃には散り始めたようです。

    奥に咲いている桜が2代目の醍醐桜とも言われていて、大きさは醍醐桜ほど大きくありませんが2代目も立派ですよね。

    満開時が一番きれいなんですが、醍醐桜は満開時は凄く混雑します。
    できれば混雑(渋滞)を避けて醍醐桜を見たいですよね。

    では、少しでも渋滞を回避する方法をお伝えします。

    醍醐桜の渋滞を回避するには?


    醍醐桜は丘の上に咲いている桜なので、そこまでたどり着くのに道幅も狭く途中から一方通行になるため大渋滞になります。
    ピーク時で車の中で3時間待ったという人もいたようです。


    3時間車の中で待つというのも大変ですよね。
    そうならない為に混雑を少しでも避けたいあなたへ是非参考にしてみてくださいね。

    1.早朝に現地到着

    早朝に現地到着といっても土日の5:00で駐車場が満車だった年もあったようなので5:00前の到着をおすすめします。

    2.醍醐桜手前2.5m付近で駐車場に車を停めて歩いて登る

    醍醐桜へたどり着くまで道幅が頂上まで狭く、途中で一方通行になるため混雑するので下の麓へ車を駐車場に入れて歩いたほうがいいようです。※最後の周辺地図参照

    3.夜中に到着し翌朝のご来光と醍醐桜を観賞する

    夜中に到着し車中泊で翌朝のご来光を観る人もいるので駐車場も空いているようです。

    4.開花直後に行く

    満開時の土日は大渋滞ですので、開花直後の平日がお勧めです。土日は朝の5:00でも満開の時は駐車場が満車のようです。

    醍醐桜のライトアップの時間は?

    醍醐桜ライトアップ 出典:http://4travel.jp/travelogue/10758681

    3月下旬から「醍醐桜まつり」が開催され桜近くの休憩所で地元の農産物の販売やライトアップが楽しめます、

    ・ライトアップの時間:18:30~21:00まで※5分咲きからライトアップされます。

    ・観覧料:無料

    ・期間:醍醐桜が咲いてる期間中

    醍醐桜までのアクセス


    車:中国自動車道⇒「落合IC]から40分/「北房IC」から25分

    電車:JR姫新線「美作落合駅」下車車で40分

    住所:岡山県真庭市別所2277

    お問い合わせ:0867-52-1111(真庭市役所落合振興局地域振興課)


    【周辺地図】

    醍醐桜 出典:http://www.daigonosato.jp/daigozakurainfo

    下諏訪神社側にある駐車場に車を駐車し、そこから遊歩道「大勢坂」から「醍醐桜」まで歩くと30分~40分かかります。

    途中のどが渇くのでお水を持参しながら登ったほうがいいですよ。道は急な坂道もあるので運動靴で登ることをお勧めします。

    醍醐桜(山頂)の駐車場は135台置けます。

    駐車料金:500円
    ・第1駐車場35台
    ・第2駐車場70台
    ・第3駐車場30台


    平日でも混雑するので車を麓(ふもと)の駐車場に止め「大勢坂遊歩道」を歩いて登る人も大勢います。


    まとめ


    醍醐桜2017の開花や見頃と混雑、渋滞を回避する方法と駐車場やアクセスをお届けしました。

    醍醐桜は丘の上にあるため山の上まで渋滞が予想されますので1.早朝に行く2.麓の駐車場に車を駐車し歩いて行く3.夜中に到着しご来光を見る4.開花直後に行く・・を参考に出掛けてみてはいかがですか?

    ライトアップの時間も18:30~21:00まで行っていますので夜の醍醐桜を観賞してみるのもいいですよね。

    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。