最近物をなくすことが多くなった?なくした時の届け出や手続きは?

    カード

    大事なものをなくした時、あわてますよね。

    特にクレジットカードや、実印、預金通帳などのお金に携わるものがいつも置いてある場所になかったら?
    そしてなくなって気付く落し物や、忘れ物の大切さ。


    色々なところを探しても見つからずなくした事に気づいたら、まず分かった時点で早急に届け出る必要があります。


    でも、どこへ届けていいのか分からない時ってないですか?そんな時のために、届ける機関や手続きの仕方などをまとめましたので是非参考にしてみてくださいね。


    スポンサーリンク


    1.現金(財布)

    財布を落としたり、どこかへ置き忘れてなくしてしまったと気付いた時はとりあえず近くの派出所や警察に届け出て「紛失物口頭届書」を作ってもらいましょう。


    デパートや劇場でなくした時は受付へ。
    駅や車内で落としたら最寄駅へ。
    タクシー内で落としたと気づいたらタクシー会社へ。

    ※財布の中に連絡先を書いたカードを入れておくと、なくした時に安心です。


    2.クレジットカード

    クレジットカードをなくした時いちばん心配なのが誰かに悪用されることです。
    警察に届けると同時に発行会社へすぐに連絡して使用停止にしてもらいます。
    どの会社も24時間無休で対応してくれるので再発行の手続きはそれからにします。


    ※紛失や盗難に備えてカードの番号と発行会社の連絡先は必ずメモしておきましょう。


    カード

    3.キャッシュカード・預金通帳

    キャッシュカードや預金通帳をなくしたと気づいたときは、取引銀行へ連絡し使用停止にしてもらいます。


    その後、届け出印身分証明書(免許証か保険証)を持って口座のある支店の窓口へ行き再発行の手続きをします。

    ※カードと通帳の番号は必ずメモしておくといいですよ。


    4.実印・印鑑登録証

    実印は不動産の登記や銀行からの融資を受けるときに必要なものなのでなくしたときは、悪用を防ぐため/span>、住民登録している市区町村役所印鑑登録証を持って役所の印鑑登録の窓口へ行きましょう。


    印鑑登録廃止申請書を提出して廃止手続きをとり、最寄りの警察へ紛失届をだします。


    また、印鑑登録証をなくしたときは、印鑑登録証亡失届を提出し、再交付の申請をしてもらいましょう。


    5.生命保険証書

    民間の生命保険の場合は、契約者本人が出向き再発行を申請してもらいます。
    必要なものは印鑑証明と実印です。


    郵便局の簡易保険は、印鑑証明と実印身分証明書(またはそれに代わるものか保険料領収書)を持って窓口に行き再発行の手続きをします。
    両方とも無料で手続きしてもらえます。


    ※保険料の未納期間をすぎると効力がなくなるので気づいたときは早急に手続きしましょう。

    6.保険証・年金手帳

    健康保険証をなくしたら国民健康保険なら、市区町村役所
    職場の医療保険なら健康保険事務所に届け出て再交付してもらいます。


    申請には印鑑身分証明書(またはそれに代わるものか保険料領収書)が
    必要になります。


    年金手帳や年金証書をなくしたときは、厚生年金なら社会保険事務所国民年金なら市区町村役所に届け出します。





    7.パスポート

    旅行中に盗難にあったり、紛失した時はただちに現地の日本人大使館か領事館に連絡し現地の警察に届け出て紛失及び盗難証明書を受けます


    パスポートの再発行は10日くらいかかるので帰国を急ぐ場合は帰国の為の渡航書を発行してもらいます。


    紛失や盗難に備えて、パスポート用写真2枚と発行日・ナンバー・名前の載っているページのコピーを別に携帯すると再発行がスムーズになります。



    8.トラベラーズチェック

    海外旅行には紛失や盗難に備えてトラベラーズチェックが安全ですよね。
    でも万一紛失した時は、すぐに近くの警察に届け出て紛失(盗難)証明書を交付してもらいます。



    9.運転免許証

    免許証をなくしたり、落としたときは最寄りの派出所か警察に届けます。
    その後試験場へ行き所定の用紙で再交付の申請をします。


    その時に免許証用の写真と住民票、手数料が必要になります。
    再交付してから以前の免許証が見つかった時は古い方の免許証を返さなければなりません


    ※汚れたり破損した時に再交付も受けられますがその時はその免許証も必要です。


    10.家の鍵

    外出先でなくしたことに気づき、家に入れない時は近くのカギ業者をスマホや携帯で探してみましょう。


    首都圏なら24時間対応してくれる合鍵業者があります。
    ただ、女性の一人暮らしの場合は合鍵業者を選ぶのも慎重にしないと怖いので最寄りの警察や派出所で、専門業者を紹介してもらいましょう。


    料金は夜中の場合1万~1万5千円前後でできると思います(地域による)


    まとめ


    物をなくした時は気が動転してどうしていいかわかりませんよね。

    もしもの時の為に、通帳やカードの番号を控えておくとなくした時にスムーズに手続きができます。

    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *