頭皮の皮がむけるのは日焼けが原因?治し方やどのくらいで治るの?

    頭皮の日焼け

    最近、頭がかゆくて頭皮がひりひりする・・・
    そんな症状でお困りの方は頭皮の日焼けが原因かもしれません。


    頭皮は日頃から日焼け対策をしておかないとあとでひどい目に合うおそれがあるので注意が必要です。


    そこで今回は頭皮が日焼けしてしまった時の治し方やどれくらいで頭皮の日焼けが治るのか見ていきたいと思います。

    スポンサーリンク


    今年の夏は本当に暑いですよね。

    特に紫外線が一番強い7月~8月は頭皮もダメージを受けやすくなっています。


    まして強い炎天下で無防備に帽子をかぶらず長時間いたら頭皮の日焼けもそうですけど熱中症になっちゃいますよね。


    頭皮が日焼けしたってどうやって見分けるの?


    真夏の炎天下での野球やサッカー観戦プールや海での紫外線は頭皮の部分に直撃してきます。


    すると頭皮がダメージを受け、ひりひりしてかゆみを伴います。


    頭皮の日焼け
     

    かゆいと、かきたくなるのが人間の本能でかゆいからといって、爪を立てて頭皮をかきむしると、頭皮に傷がつき、そこからばい菌が入り赤く腫れてしまいます


    なので爪をたててかくことは絶対やめましょう。

    そしてそのままにしておくと頭皮が乾燥し皮がむけたりするんです。


    この時フケと勘違いしないでくださいね。実は頭皮が日焼けし炎症を起こしている証拠なんです。


    頭皮が日焼けした時の対処法


    1.頭皮に水(シャワー)をかけ、冷やしましょう
    出先でシャワーがなかったらタオルに水を浸し、
    頭の炎症部分にのせ冷やします。


    2.シャンプーは使わずお湯で流すだけにし炎症が治まったらシャンプー液を薄めて使うか、シャンプーの泡だけでやさしく洗うようにしてください。

    (スカルプシャンプーのような刺激の強いシャンプーは頭皮にダメージを与えてしまうので使わないようにしましょう)

    3.日焼けした頭皮は乾燥しているので、そのままにしておくと白いフケのようなものが浮いてくる場合があります。

    そんな頭皮の乾燥には保湿力のあるワセリンやホホバ油をぬるとしっとりします。


    ホホバオイルは全身に使えるオーガニック100%のナチュラルオイルです。乾燥した肌をケアしてくれます。




    ※2日~3日経過しても皮膚の炎症が良くならない時は
    皮膚科に行って診断してください。


    頭皮が日焼けしたあとどのくらいで治るの?


    頭皮は顔の皮膚とつながっているので、顔の新陳代謝と同じようにサイクルがあります。


    新しい肌に生まれ変わるには1ヶ月はかかるので頭皮もそのくらいかかると見ておいたほうがいいです。


    ただ日焼けしているのに、何もケアしないで紫外線を何回もあびてしまうと頭皮の角質が固くなり、フケが出た状態が続いてしまいます。


    ですので早く治したいならワセリンやオイルで保湿してあげてくださいね。





    頭皮が日焼けしないようにするには?


    外出時は必ず日傘や帽子をかぶり、紫外線が直接頭皮に当らないよう気を付けることも大事です。

    日焼け対策
    黒い色の日傘や帽子は熱を吸収してしまいますが、
    紫外線を通さない色なので黒などの濃い色がおすすめです。


    今はUVカットの日傘や帽子が沢山出ているので色に関係なく好みの帽子をアレンジしてみるのも
    おしゃれですよね。




    まとめ


    夏の紫外線は見えてる肌すべてシミや肌荒れの原因になったり紫外線を長い時間浴びていると髪の毛がパサパサしたり、髪が茶色く変色してしまうこともあるんです。


    しかも薄毛の原因になってしまうのできちんとケアしておきましょう。

    まだ若いから大丈夫と思っていたら歳をとってからのダメージが頭皮や肌にも現れてくるので、日ごろのケアを怠らないように心がけたいですね。

    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *