秋バテはこれで解消!早めの対策で元気に乗り切る方法とは?

    秋バテ対策

    今年の夏は去年に比べ猛暑でしたね。

    やっとここで涼しい秋がやってきますがなんとなく食欲がない、疲れがとれない・・・もしかしたらまだ夏バテ?と勘違いしている方も多いかもしれませんが、実はそれ「秋バテ」なんです。

    そこで今回は秋バテを解消する早めの対策で元気に秋を乗り切る方法をお伝えしていきます。


    スポンサーリンク



    秋バテの症状とは・・・


    秋バテ対策

    夏の暑さで食欲が落ち、疲れやだるさなどの体調不良からくる夏バテ・・・秋がきて涼しくなると食欲が出るのが普通ですよね。

    でも秋になっても同じような症状が続くようでしたら秋バテの可能性が高いです。

    具体的にどのような症状が出るかというと・・・


    ・食欲がなく、胸やけや胃もたれがある
    ・疲れやすく体がだるい
    ・頭痛や肩こりがある
    ・顔色がくすんで見える
    ・夜眠れない
    ・めまいや立ちくらみがする


    秋バテの原因とは


    秋バテの原因は実は夏の生活習慣によるものなんです。なぜかというと、昔は扇風機や外からの風だけで夏を過ごせましたが今は地球温暖化に伴い、エアコンなしでは生活できない状況です。


    どこへ行ってもエアコンが効いている生活環境で体が冷房で慣れてしまうことから起こる冷房冷え・・・
    これにプラスして屋外との激しい気温差に体の自律神経のバランスが崩れてしまうのです。


    そして更に輪をかけて起きる内臓の冷えも原因です。冷たい飲み物や食べ物が原因で、胃の温度が体温よりも下がり、血流が低下して胃腸の働きが弱ってしまいます。


    そこへ、夏バテ解消で焼き肉などの脂っこいものを食べたりすると胃液が沢山出過ぎ、食道に逆流して胸やけを起こしたり胃の働きを止めてしまうのです。


    居酒屋などの涼しいエアコンが効いた室内で冷えたビールを飲みながら焼き肉や唐揚げを食べると美味しいんですよね~。


    でも、そんな状態を繰り返すと、自律神経の機能を低下させ、秋になっても疲れやだるさなどといった夏バテと同じような症状が続いてしまうということなのです。




    秋バテを解消するには・・・


    食欲がなく体がだるいとどうしても薬にたよりがちですが生活の改善を見直せば、自然と秋バテを解消していくことができます。

    その方法は・・①入浴で体を温める

    寝る前に約38~40℃のぬるめのお湯に20~30分ゆっくり入ることで冷えた体が温まり体力と胃腸を回復させる働きがあります。

    その時お風呂に炭酸入りの入浴剤などを入れてみるのもいいかも知れません。体の芯から温まり、血行が良くなります。


    ②血行を良くするツボを刺激する

    体には血行をよくし体を温めるツボがあります。そのツボを刺激し体を温めたり、温熱シートを貼ったり、肩甲骨を動かすストレッチなどをすると血行がよくなります。
    そして冷え性の方は足のツボを押すことで冷え性が改善されます。こちらを参考にしてみてくださいね。
       ⇓


    ③食事で体の芯から温める

    秋に弱った胃腸を正常な働きに戻すのには、スープ系の食事がお勧めです。根菜類をやわらかく煮込んだスープや疲労回復に効果のあるビタミンB1がたっぷりな豚肉を使った豚汁なども疲れた胃腸には効果的ですよね。

    ※お酒はビールや冷酒などは控え、焼酎のお湯割りなどを飲むといいですね。


    まとめ


    秋バテは夏の自律神経の乱れや暴飲暴食によるものが原因です。

    弱った胃腸を元に戻すには、生活習慣の見直しが肝心です。

    冷たいものや胃腸に負担がかかる脂っこいものは避け、スープなどで体を芯から温め、お風呂にゆっくり入ることで改善されます。

    秋は、夏の疲れた体や胃腸をいたわり睡眠を十分とることも心がけたいですね。


    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *