猫が吐くのは病気や毛玉じゃなかった?あることが原因?

    家で飼っている猫ちゃんが朝から突然「ヒーヒー、グェ」と苦しそうに何か吐いていたのです。

    もしかしたら「毛玉が原因」とか「フードをよく噛まないで飲み込んだから」なんて吐いた物をみても、毛玉は出てなく、フードも良く消化されていたのでもしかしたら何かの病気にかかってしまった?と動物病院へ連れていったのです。

    先生が出した答え何だと思いますか?それはあることが原因だったのです。

    スポンサーリンク


    猫が吐く原因


    猫が吐く
    動物病院へ連れて行き先生からこんな質問がありました。

    Q1.吐く頻度はどれくらいですか?・・・A:1ヶ月2~3回

    Q2.吐くのはどのような時ですか?・・・A:朝起きた時やフードを食べた10分後

    Q3.いつごろから吐くようになりましたか?・・・A:ここ最近

    Q4.多頭飼いしていますか?・・・A:していません。

    Q5.去勢(避妊)手術はしていますか?・・・A:してます。

    などなど・・・そして猫ちゃんの体を先生が全体的に触り最後に先生が出した答えは・・・

    ん~ストレスですね。えーーー!ストレスですか?そうです、ストレスです。
    猫ちゃんにもストレスってあったんですね。

    健康状態も良いのに吐く頻度が多いというのはストレスが関係していることもあるそうなんです。


    なぜわかったかというと、猫ちゃんの後ろ足の内側に
    毛を舐めすぎたあとが・・ほんの少し皮膚が白く見えていたのです

    後ろ足の内側だったので私も見落としていたんですね。


    猫はストレスで自分の毛をなめて神経を落ち着かせる習性があるらしく、気持ちを高ぶらせないように抑えていたのがストレスにつながり、食べたものを吐いたりする傾向が強いそうです。

    確かに・・最近猫ちゃんと遊んであげることができてなかったと反省しつつ、これがストレスに結びつけてたなんて本当にかわいそうな事をしてしまったと、反省しました。


    その後皮ふのかさぶたを取り、何か他の病気が関係していないか?顕微鏡検査したところ、病気ではないことがわかりました。

    塗り薬をしてもらい、包帯を後ろ足にぐるぐる巻にさせられましたが家に帰ってあばれるうちに全部取れてしまい、薬の効果があったのかなかったのか?



    猫がストレスで吐いた場合の対処法は?



    猫がストレスで吐いてしまった場合は「またたび」が効果があるようです。またたびは猫ちゃんの大好物といっていいくらい、好きですからね。

    またたびをあげると、頬や体にまたたびをこすりつけ、ゴロゴロしてます。

    家であげているまたたびは粉末のものですが、あげると体をすりすりしておとなしくなります。

    なので、ちょっとうるさく泣いている時や忙しくてかまってあげられない時はまたたびをあげると落ち着きますよ。

    ただ、あまり与えすぎるのも体によくないので、ほどほどにあげたほうがいいようです。

    猫が吐く
    先生にどのくらい与えたらいいのか聞いたところ、粉末のものなら耳かき2杯~3杯くらいで大丈夫と言ってました。

    特に高齢の猫ちゃんには与えすぎに気をつけたほうがいいです心拍数が上がりすぎて様態が悪くなってしまう場合もあるので・・・




    それから家の猫ちゃんは、吐かなくなりました。もちろん、一緒に遊んであげる時間をつくりストレスを溜めないようにしてあげてます。

    今までは家の猫ちゃんが吐いていた頻度は1ヶ月多い時で2~3回だったのが最近は吐かなくなりました。
    ストレスは解消されたようです。


    もし同じように、何回も吐いたり、吐いた物に何の問題もないようでしたら、ストレスが原因かもしれないので、遊んであげてくださいね。ただ以下の場合は病気かもしれないので、動物病院で診察したほうが
    いいかもしれません。


    吐いた時に血が混じっていた

    吐いたあと下痢を繰り返す

    繰り返し吐く(1日に2回以上吐いた場合)



    まとめ


    人間はストレスで神経性胃炎になったり、円形脱毛症になってしまうのはわかるんですけど、猫ちゃんにもストレスがあったとは
    知りませんでした。

    みなさんの家の猫ちゃんも、頻繁に吐くようでしたらストレスも視野に入れたほうがいいかもしれません。


    特にひとりぼっちの猫ちゃんは遊んであげたほうがいいですね。でも、猫ちゃんの性格にもよるのかもしれません。
    家の猫ちゃんは、特に寂しがりやのようなので特別なのかもしれないですが。。

    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *