紅葉スポット六義園のライトアップの混雑を避ける方法と駐車場は?

    六義園ライトアップ

    六義園の紅葉は毎年行列ができるほど混雑しています。特に夜のライトアップを一目見ようと長蛇の列・・・できれば混雑を避けライトアップの時間帯に並ばないで入れたら超ラッキーですよね。

    そこで今回は六義園の混雑を避け並ばないで入園する方法と車で行った場合の近隣の駐車場をご案内します。

    スポンサーリンク



    六義園の紅葉は昼間も楽しめますが夜のライトアップはまた幻想的な日本の四季の美しさを体感できます。


    六義園のライトアップはテレビでも取り上げられるほど人気の庭園です。今年で16回目を迎えるというから驚きですね。

    紅葉の見頃の時期ですが11月中旬~12月上旬あたりが見頃になります。

    六義園のライトアップの期間は・・・

    2016年11月19日(土)から12月4日(日)まで。
    ※その年の気温の変化によって多少前後する場合があります。

    この期間のみ駒込駅から徒歩2分の染井門を開門しますので駒込駅からの染井門を目指して歩いて見て下さいね。

    六義園 出典:http://www.metro.tokyo.jp

    六義園の混雑を避け並ばないで入園する方法とは?


    六義園ライトアップ

    1.六義園の入場券(年間パスポート)を前もって購入する

    六義園に並ばないで入園する方法はズバリ年間パスポートの購入です。六義園の入場料は大人300円ですが、年間パスポートを購入すると1,200円なので年に4回(春夏秋冬)使用できます。

    何回六義園に行っても元がとれるというかお得ですのでお友達や両親、彼氏を誘って行ってみてはどうですか?

    両親が65歳以上だったら年間パスポートが半額の600円なのでプレゼントしてみてもいいですよね。


    紅葉や桜の時期の混雑時を避け1度足を運び年間パスポートを購入しておくと並ばずに入口で見せるだけでスムーズに入れます。


    【年間パスポート】

    ・一般   1200円

    ・65歳以上 600円

    購入場所は六義園入り口の(売札所)で購入できます。


    ちなみに年間パスポートまで使わないという方はこちら ⇓

    【入園料】

    ・一般   300円 (小学生以下や都内在住・在学の中学生は無料)

    ・65歳以上 150円


    ・20名以上の団体

    ・一般   240円

    ・65歳以上 120円


    2.混雑の時間帯を避けて入園する

    六義園ライトアップの時間は日没~21時まで(最終入園は20時30分)です。

    午後5時頃から混雑し始めるので、午後6時から7時頃がピークとなります。ですので、8時頃入園すると混雑を避けられます。
    混雑していなかったら園内を1時間で回れますので閉門の9時までには大丈夫かと思います。


    園内に入ると夜は人人!の混雑で賑わっています。みなさんスマホやカメラ片手に写真の嵐なので、なかなか先に進めません。

    誘導員のおじさんが「立ち止まらないで進んで下さ~い」と大きな声で叫んでます。庭園はだいたい1時間程度で1周できますが、混雑しているとその倍はかかると思ったほうがよさそうです^^;


    混雑したところは苦手~っていう人は平日に行くか、遅い時間を狙って行くとそれほど混雑していないと思います。

    ※園内を歩くにはヒールの高い靴は避け、歩きやすい靴を選びましょう。


    何しろ本当にきれいなのでライトアップされた紅葉を観る価値はあると思いますよ。



    六義園のお休み処(茶屋)

    六義園内できれいなライトアップの紅葉を眺めたら、そろそろどこかでお茶でもしたいですよね。六義園内には吹上茶屋というお休み処があります。

    そこでは、お抹茶のセット(510円)や甘酒(300円)

    六義園オリジナル人形焼のおみやげ(760円)なども販売しています。冷えた体に甘酒は「ほっ」としますよ。


    営業時間:9時~17時まで(ライトアップ期間は9時~午後8時30分)ラストオーダー8時迄

    問い合わせ:03-3941-2222



    通常の開園時間

    午前9時から午後5時まで(入園は午後4時30分です)

    休園日は年末年始の(12月29日~1月1日)期間のみお休みです。

    ※ペットを連れての入園はできません。

    (ケージに入れたり窓口で預かるのも入園対象外となっています)


    -六義園の駐車場-


    六義園には駐車場はありませんので、近隣のコインパーキングを利用できます。義園の周辺にコインパーキングが10カ所ありますが、1カ所でも4台しか置けない所など台数が少ないので混雑時は満車になっている場合があります。

    近隣パーキング

    渋滞を避けたいなら電車がオススメです

    【電車でのアクセス】

    JR山手線駒込駅(南口)徒歩7分

    南北線の駒込駅(2番出口)徒歩7分

    都営三田線千石駅(A3番出口)徒歩10分


    東京には他にも9つの代表的な庭園があります。


    ・「浜離宮恩賜庭園」
    ・「旧芝離宮恩賜庭園」
    ・「小石川後楽園」
    ・「向島百花園」
    ・「清澄庭園」
    ・「旧古河庭園」
    ・「旧岩崎邸庭園」
    ・「殿ヶ谷戸庭園」
    ・「六義園」

    こちらの9つの庭園は年間パスポート4,000円支払うとどの庭園に何回も行くことができます。東京の庭園に興味がおありでしたら歩いてみてはどうですか?

    9庭園共通年間パスポート(都内にある9つの庭園が対象)

    ・一般 4000円

    ・65歳以上 2000円

    六義園公式HP

    まとめ


    六義園のライトアップの時間帯に並ばないで園内に入るには年間パスポート(1200円)を前もって購入するか、混雑する時間帯を避け(午後8時頃)入園してみてはどうですか?

    駐車場は土日は特に混雑するので平日を利用するか、渋滞を避けたいなら電車がお勧めです。

    東京で有名な紅葉の名所六義園・・・春は桜で賑わい、秋には紅葉の六義園でライトアップした幻想的な世界を肌で感じてみませんか?ひんやりとした涼しい秋の風に心おだやかになれると思います。

    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。