失敗しないクリーニング店の選び方って?トラブルを防ぐには?

    衣類をクリーニングに出す時は、失敗しないクリーニング店を選びたいですよね。

    クリーニングの仕上がりが、こんなはずじゃなかったと後悔しないよう未然にトラブルを防ぐ方法などについてもご案内します。


    スポンサーリンク



    クリーニング店ってどこも一緒でしょ?って思ってませんか?私はどこも同じだと思っていたんです。家の近くのクリーニング店が近いからそこでいいかな?って。

    でも、クリーニング店の選び方を間違えるとトラブルになることも実はあったのです。もしかしたらあなたも、間違った選び方をしているかもしれませんよ。

    良いクリーニング店の選び方とは?


    クリーニング店
    最近は、クリーニングへ出さずに家で洗濯する人も多くなってきました。その理由に、洗濯機の洗濯表示機能に「 おうちクリーニング」というボタンまでついてる洗濯機がでているからなんです!

    でも、ちょっと高級なものや、家で洗濯したら生地がゴワゴワになってしまいそうなものは、やっぱりクリーニングに出さないと、長持ちしません。そこで、どうせクリーニングへ出すなら、信頼できるところを選んで出したいですよね。

    クリーニング店でこんなマークを見た事ないですか?

    LDマークやSマークといって厚生労働大臣の認可を受けていたり全国クリーニング協会の組合に入っているマークがあるお店は基準以上の技術がある証拠です。


    LDマーク
    LDマーク

    全国クリーニング環境衛生同業組合連合会の加盟店の会員でクリーニング生活衛生同業組合に加盟しているお店。

    Sマーク
    Sマーク

    厚生労働大臣が認可したお店。Sはsafety=安全、standard=安心、sanitation=清潔の頭の文字を表しています。

    それでも、お店の良い、悪いの判断をどう選んでいいか、わからない場合はワイシャツで判断するといいです。ワイシャツの仕上げ具合でその店の腕が良いか悪いか分かってしまう方法をお教えしますね。


    1.まずワイシャツの襟の裏側を見て襟と台襟の縫い目周辺に変なしわが寄っていないか、襟の周辺によじれたしわがないか。


    2.次にカフスの裏側を見て、カフスの周りによじれた線が目立っていないか、袖のタックの線がきちんとプレスされているか。その時に、のりづけの具合を尋ねてくれるかも大事です。

    ☆仕上がりのチェックも大事

    クリーニングを受け取る時に、型崩れや色落ち、シミがきちんと落ちているか、ボタンは大丈夫かなどチェックしてみる。でも、なかなか受け取ってすぐチェックしずらい場合はその日のうちにチェックして次のシーズンまでしまい込まない事です。

    チェックしたあとは、ビニール袋から出して半日風通しのよい場所へ出し、風によく当てて乾燥させてからしまいます。



    クリーニングのトラブルを防ぐには?


    クリーニングのトラブルって結構ある時はあるようです。例えば、コートを出したのに紛失されてしまったりとか、別の人に渡してしまい、裁判沙汰になりそうだったとか・・・


    または、出す側もセーターが虫食いだったと知らずに出し大きな穴になってしまったり、パーマ液がついていたところの色が変わってしまったなど、確認しないで出す側のトラブルも年々増えているようです。

    そこでトラブルを防ぐにはどうしたらいいかというと・・・

    ・上下の洋服やスーツは組にして出す
    ・しみ抜きの場所はわかるように糸などでしるしをしておく
    ・高価なボタンは前もってはずしておく
    ・ゆるんだボタンは留直しほころびがあればつくろっておく
    ・細いベルトなどの付属品は出さないか、本体に結びつけておく
    ・ポケットの中を確認し中のものを出しておく

    これらのことを気をつけて出せばトラブルも防げると思います。

    もしも、トラブルになりお店の人と話がこじれてしまったら、都道府県の消費者センターや都道府県の全国クリーニング環境衛生同業組合連合会に依頼して賠償してもらうこともできます。


    失敗しないクリーニング店の選び方


    クリーニング店はチェーン店と個人店がありますが、クリーニングを出す物によって使いわけるといいです。

    例えば、シミがついてしまったものや、大事なスーツやコートなどの物は個人店に出し、ワイシャツなどの普段よく着るものなどは、チェーン店に出すようにしたりと使い分けをするといいかと思います。

    なぜかというと、個人店は染み抜き専門のスタッフがいたり、ちょっと高価なスーツなどは、特殊なクリーニング方法で仕上げてくれるので満足すると思います。

    しかも個人店は隣に工場があったりするので、こちらのお願いを直接伝えてくれることができるからです。


    まとめ


    クリーニング店を選ぶ時は、近くて安いところもありですが、大切な衣類を長持ちさせるには、仕上がり具合や綺麗にプレスしてあるかを見分ける事が大事です。

    そして一番わかりやすい方法はワイシャツの仕上がり具合でチェックすることも肝心です。少しでも信頼のおけるクリーニング店を選び、トラブルがないようにしたいですからね。

    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。