大根の栄養効果が凄すぎる!葉は捨てちゃダメってホント?

    大根栄養

    大根は1年中出回っている野菜ですが10月から旬を迎える大根は、栄養効果はもちろんのこと、効能も凄かったって知ってましたか?

    それに、大根の葉にも栄養効果が凄いんです。みなさん大根の葉は捨てちゃダメですよ~。

    では、そんな大根の頭(葉)から先(根)までの栄養効果について見ていきたいと思います。

    スポンサーリンク


    大根の食べ方は色々ありますよね。煮物やサラダ、大根おろしや切り干し大根、たくあん漬けなど・・・皆さんは、大根の食べ方でどれが一番好きですか?

    私は煮物でおでんに入ってる大根が一番好きですね。実はおでんの具の中で一番人気なのが大根なんです。


    大根は体を温める効果があるので、特に冬の寒い時期に食べる、たっぷりだしを吸った大根で体が温まると言うわけです。昔から伝わるたくあん漬けや切り干し大根は冬場の保存食として食べられたといいます。


    昔の人の知恵から、大根を乾燥させたり漬物にすることで体を温める効果もさることながら、余分な水分が抜け栄養が凝縮される効果もあるといいます。

    大根栄養

    大根の葉の栄養効果

    大根の葉には栄養が沢山含まれているのです。

    私は以前野菜の直売所で大根を買った時があり、大根の葉は使いみちもないと思い捨ててたのです!今思えば何てもったいないことを?・・・反省してます。。

    大根の葉は細かく刻んでスープに入れたり塩を振って浅漬にしたりと使いみちは沢山あります。しかも大根の葉の栄養成分には免疫力を上げてくれるβカロテン、ビタミンAやCが葉の部分に沢山含まれていたのです。

    みなさんは間違っても捨てるなんてことはしないで下さいね。でも、スーパーで売ってる大根は葉の部分がカットされて売ってますよね。

    あの葉の部分はもしかしたら捨ててるかも知れませんよね。捨ててたら、もったいないですね~

    大根の栄養効果と効能は?

    では、大根1本にどんな栄養素が含まれているのか?効果や効能についても見ていきます。

    ビタミンA・・・皮膚やのどの粘膜を保護したり、肌の健康を保つ働き

    ビタミンB2・・・皮膚と粘膜を丈夫にし、脂肪酸を燃焼してくれるのでメタボ予防にも効果がある。

    ビタミンE・・・ビタミンCと一緒に摂ることで抗酸化作用を高め自律神経に働きかけ血行を良くしてくれる

    ビタミンC・・・鉄分の吸収を良くしたり、免疫力を高めてウィルスの感染を防いでくれる

    マグネシウム・・タンパク質の合成や鎮静作用があり、筋肉の働きをしなやかにするマグネシウムが少なすぎると心臓病の原因にもなる。

    鉄  分・・・・葉の部分に多く含まれる。ビタミンCと一緒に摂ることで吸収率が上がる

    ジアスターゼ・・消化を助ける酵素。有害物質を除き、発がん物質を抑制する働きがある


    ◆大根の美味しい調理法

    大根はなるべくなら皮をむかずに食べた方が栄養効果は高いです。なぜかというと、皮にはビタミンCと毛細血管を強くする「ルチン」が多く沢山含まれているからです。

    ただ、ビタミンCは時間をおくと壊れてしまうので、大根おろしにするなら食べる直前がいいですね。


    特に大根の葉は体を冷やす効果があるので、味噌汁に入れたり塩もみにして浅漬や、油揚げと一緒に炒めても美味しいですよ。



    【大根を使った料理】

    ・切り干し大根

    ・ブリ大根

    ・イカと大根の煮物

    ・おでん

    ・大根サラダ

    ・厚揚げと大根の煮物

    ・豚肉と大根の炒め物  など


    もちろん、さんまの付け合せに大根おろしを添えてみたり、しらすおろしは、カルシウムも一緒にとれて、さっぱりと美味しいですよね。

        

    美味しい大根の見分け方

    大根の美味しい見分け方ですが、大根はなるべくなら葉つきの大根を買い葉が緑色の 新鮮なものを選びましょう。


    そして大根の白い部分に艶があり、水々しく重いものを選びます。カット済の大根は、切り口が水々しいものを選んで下さいね。

    大根の保存方法

     
    大根はそのままでは保存できません。

    大根を保存する時は、葉の根本ギリギリを包丁でカットし、新聞紙を軽く水で湿らせ野菜室に立てて保存します。立てて入らない時は半分にカットし、切り口をサランラップで巻いて保存します。


    大根の葉がついたままの状態にしておくと、葉が根の栄養分まで吸い取ってしまい、みずみずしさがなくなってしまいます。


    【冷凍保存する場合】

    冷凍保存する場合は、葉は茹でてからみじん切りに細かくカットしてから保存袋に入れて冷凍保存できます。大根は生では冷凍保存できませんが、大根おろしにしてから水気をしぼり、サランラップで小分けにし保存袋で保存できます。

    解凍する場合は自然解凍で大丈夫です。

    まとめ


    大根は冬の野菜としては栄養効果が高いと言われてます。大根を買う時は葉つきのものをなるべく買って大根を余すことなく沢山食べたいですよね。

    食べ方も色々工夫するとまるごと1本があっという間になくなりますよ。

    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。