きのこを食べて医者いらず?栄養効果と免疫力が凄かった!

    きのこ

    きのこは通年をとおして食べられる食材ですがきのこは低カロリーなのでダイエット食としても人気ですよね。

    そんなきのこを食べて医者にかからないというくらい栄養効果と免疫力が凄かったのです。

    今回はきのこの栄養効果と免疫力がつく美味しい食べ方などについてご案内します。

    スポンサーリンク


    きのこ類には食物繊維が沢山含まれているので、腸内に溜まった有害物質や老廃物を取り除き、血液を綺麗にしてくれます。

    きのこ

    免疫力がアップする理由とは・・・

    きのこ類に含まれる食物繊維の一種のグルカンは免疫細胞を強化し、がんを抑える働きがあります。

    きのこ類の中でも、「まいたけ」「しめじ」に多く含まれているので、がん予防には特に効果があります。

    他にも「しいたけ」は血中のコレステロールを下げるエリタデニンやがんを抑えるレンチナンが含まれています。


    特に干ししいたけは、干すことによりビタミンDが増えカルシウムの吸収を助け、免疫力を高める効果もあります。


    そしてなめこには「ムチン」が多く含まれているのでタンパク質やアミノ酸の吸収を良くしてくれます。
    なめこのヌメリがムチンなんですね。

    そして「まいたけ」に含まれるXフラクションという成分がインスリンの働きを促し糖尿病の予防に
    繋がるという訳です。


    きのこの栄養成分

    では具体的にどんな栄養素が含まれているのか見ていきます。

    ビタミンB2・・・皮膚や粘膜の健康を保ちながら、口内炎やニキビ治療に効くと言われています。


    ビタミンD・・・紫外線に当たることで体内で作られるというビタミンDは、カルシウムの吸収を良くし骨にカルシウムを蓄える他にビタミンAを効率よく吸収する働きがあります。


    グルカン・・・・免疫細胞を活性化して、免疫力を更に強化する働きがあります。腸の働きを活発にし便秘や毒素を排出し、善玉菌を増やして腸内環境を整える働きがあります。


    リ ン・・・・すべての骨や細胞に存在し、体を組成するミネラルではカルシウムに次に多いと言われています。ビタミンB郡の吸収や作用に不可欠で疲労回復に効果を発揮してくれます。

    きのこの美味しい食べ方


    きのこ類は、カルシウムが豊富な食品と一緒に摂ることでカルシウムの吸収を倍増させ、骨にカルシウムを蓄えてくれます。さらに、油を少しプラスすることでビタミンDの吸収も促してくれます。しらす干しや、小松菜と一緒に炒めると骨粗鬆症を防いでくれます。

    ほかにもタンパク質の多い肉と一緒に炒めると、美肌効果にもつながります。


    しいたけやまいたけは洗わずに使いましょう。

     
    しいたけやまいたけの成分レンチナンやXフラクションは水溶性なので水洗いしただけで、失われてしまいます。なので、洗わずに煮汁ごと食べられる汁物や天ぷらなどがお勧めです。


    【きのこの焼きびたし】

    ◆材料

    ・しいたけ・・・3枚

    ・しめじ・・・50g

    ・合わせ調味料(だし1/4カップ・しょうゆ大1/2)

    ・塩、粉山椒・・・各少々


    ◆作り方

    ①しいたけは石づきを落とし、軸に十字の切り込みを入れるしめじは石づきを取って小房に分ける

    ②熱した焼き網に①をのせ、少し焦げ目が付く程度に返しながら焼くしいたけは軸の切り込みから4等分にさく③合わせ調味料を混ぜあわせ、②を手早く加えて混ぜ合わせる。

    器に盛り塩、粉山椒をふって出来上がりです。


    【エリンギのオリーブオイル炒め】

    ◆材料

    ・エリンギ・・・大1パック

    ・オリーブオイル・・大1

    塩、こしょう・・・各少々


    ◆作り方

    ①エリンギは石づきを切り、大きいものは縦半分に切って1cm幅くらいに手でさく②フライパンにオリーブオイルを熱し、エリンギを弱火で5、6分炒めるしんなりしたら、塩、こしょうをして出来上がり。


    まとめ


    きのこ類のどれをとってもがん予防や糖尿病予防、整腸効果やコレステロールを下げる働きがあり免疫力を高め、がん予防に効果を
    発揮してくれます。

    毎日積極的に摂りいれて医者いらずの健康な体になれること間違いないですね。

    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。