インフルエンザを予防する効果的な5つの方法

    インフルエンザ

    冬はインフルエンザが猛威を振るう季節となります。

    今は、予防のためにワクチンを接種する方も多いと思いますが、中には副作用がでたり予防接種を受けてもインフルエンザにかかってしまったという方もいるようです。

    そこで今回は、予防接種を受けずに日頃から気をつけたい予防法についてみていきたいと思います。

    スポンサーリンク


    インフルエンザは冬場の11月~4月あたりまで流行していますが早い所では10月頃から学級閉鎖があるところなど最近では多くなってきたようです。

    インフルエンザを予防する為には日頃から「うがい・手洗い・室内を加湿する」ことが
    重要ですよね。


    そして外出する時は、マスクを着用したりと日頃からの備えも肝心です。

    予防するためにとインフルエンザ予防接種をする方も多いと思いますが、ワクチンを接種したから自分は大丈夫と思って無防備にしているとかかってしまう可能性もあります。


    しかも、ワクチンを打ってから抗体ができるまで2、3週間はかかります、その間にインフルエンザに感染してしまうこともあるのです。

    では、インフルエンザはどのような感染経路でかかってしまうのか見ていきたいと思います。

    インフルエンザ
    【飛沫感染でうつる】

    例えば、通勤時の満員電車の中や、学校や職場などでインフルエンザにかかっている人のくしゃみや咳を鼻や口から吸いこんでしまった場合。

    【接触感染でうつる】

    インフルエンザにかかった人のドアノブや電車のつり革などに触り、手を洗わずに何かを口にした場合などはそこからウィルスが体内に侵入してしまいます。

    インフルエンザにかからないよう予防するには、感染経路を経つことも重要となってきます。

    ◆インフルエンザの症状◆


    ・頭痛
    ・筋肉痛や関節の痛み
    ・のどの痛み
    ・鼻水や咳
    ・38℃以上の急な発熱
    ・吐き気や下痢

    ◆インフルエンザ予防法◆


    1.手洗い・うがいをこまめにする

    外から帰った時や、食事の準備をする前などにこまめに石けんで手を洗う。

    手を洗う時は時計や指輪は外し、爪は短く切っておき指の間や手の甲など、手首まで綺麗に洗います。

    その時にうがいも一緒に行うといいですよ。うがいの時は塩をひとつまみ入れてうがいすると
    殺菌効果にもなるのでおすすめです。

    2.免疫力をつける

    インフルエンザにかかりにくくする為には免疫力を高めておく必要があります。

    なぜかというと、私たちの体の中には免疫細胞「ナチュラルキラー細胞」(NK細胞)が活発に働いて、外部からのウィルスを攻撃してくれます。

    でも年齢と共にNK細胞が減少し免疫力が低下してくるのです。なので、風邪やさまざまな病気にかかりやすくなるので外部からの病原体をよせつけないようしなくてはいけません。

    免疫力をつける食べ物として「ヨーグルト」などの乳酸菌や発酵食品が効果的と言われていますが、中でもヨーグルトのR-1乳酸菌プロバイオティクス乳酸菌ラブレ菌などはインフルエンザの予防に効果を発揮してくれます。


    R-1ヨーグルト

    これらに限らず、1種類のヨーグルトを毎日摂るのではなく、色々な働きの乳酸菌ヨーグルトを摂った方が、腸にも免疫効果も
    高くなります。

    私の知り合いの子供(小学生)は1年中ヨーグルトをかかさず食べているせいか、インフルエンザや風邪をひいた事が今までないようです。

    予防接種も受けていないと言ってたので恐るべし!ヨーグルトの乳酸菌の効果ですね。



    3.規則正しい生活

    暴飲暴食は避け、睡眠を十分にとり体を休めることで防げる方法もあります。

    疲れが溜まったり寝不足が続くと体の免疫力が弱り風邪やウィルスを防御できない体になってしまうのでゆっくり休息をとることをお勧めします。そして、栄養バランスの良い食事を摂りいれ自炊を心掛けるようにしましょう。

    4.鼻呼吸にする

    実は呼吸法でインフルエンザにかかりにくくする方法もあったのです。

    普段口で呼吸する人は、ウィルスを口から吸いこみインフルエンザにかかってしまうケースが多いです。

    鼻呼吸に変えると、鼻の中の線毛の粘膜がフィルターの役目をしてくれて、ウィルスをたんや咳に変えて外へ出してくれます。特に夜寝ている時に口で呼吸する人は、口が乾きウィルスが侵入しやすくなっています。

    そんな時は、ガーゼのマスクの上部を湿らせて寝ると乾燥も防いでくれてウィルスの侵入も防いでくれます。

    5.水分をとる

    そして水分もたっぷり摂るようにしましょう。

    水分を摂るのに一番いいのが、スポーツドリンクを電子レンジで50℃位に温めて飲むと水分補給に効果があると言われています。
    冷たいままだと、体温を下げ冷えが原因で免疫力を下げてしまう恐れがあるからです。


    私もやってみましたが、意外とイケますよ。味はレモネードみたいな感じで飲みやすかったです。

    寝る前の水分補給には体を暖める効果があるので普段から安眠出来ない人にもおすすめの方法です。


    まとめ


    冬にかけて猛威をふるうインフルエンザは予防を第一に考え予防接種を受けなくてもいいように、日頃の備えが肝心です。

    ・うがいや手洗い、マスクの着用を忘れない。

    ・免疫力の強い体にするにはヨーグルトなどの乳酸菌を こまめに摂り、睡眠を十分に心がけ食生活に気を付ける

    ・口呼吸から鼻呼吸にかえる

    ・水分の摂取を忘れずに。

    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。