お年玉をあげる相場ってどのくらい?年齢別の金額と何歳まであげる?

    お年玉相場

    お正月といえばお年玉を楽しみにしている子供たちにとって、今年はいくらもらえるの?

    なんてちょっとは期待しているかもしれません。でも、お年玉の相場って年々上昇傾向にあるようで年齢別に金額も違ってくるようです。

    そこで今回はお年玉の年齢別の相場と何歳までお年玉をあげたらいいの?そんな疑問について調べてみましたので参考にして
    いただければと思います。

    スポンサーリンク


    お年玉の相場も年々上昇傾向にあるようです。お年玉を奮発したいけど、今年は不景気だからあまりあげられない、そんなご両親も多いかと思います。

    お年玉は気持ちであげるものですから、そんなに奮発してあげることもないかと思いますが・・・

    祖父母と一緒に住んでいる家庭では、祖父母に期待する子供も多いようなので、そちらを当てにしてもらいましょう・・^^;


    年齢別にみたお年玉をあげる相場


    お年玉相場
    ◆赤ちゃん~幼稚園児(0歳~5歳)・・1,000円~2,000円

    まずは、赤ちゃんにあげるお年玉ですがみなさん迷われると思います。

    0歳児にあげたところで、お金の意味もわからないのでは?でも、お正月でみんなが揃っているのに、あげないのもちょっと気が引けてしまいますよね。

    小学生にあがるまでは1,000円~2,000円でいいかと思います。


    ◆小学生低学年(1年生~3年)・・・3,000円~5,000円

    小学校低学年はお年玉にわくわくし始める年齢だと思いませんか?

    友達と自慢したくなる年頃だったり・・・平均的に3,000円までの範囲内であげるといいでしょう。

    あまり小さい頃から沢山あげてしまうと来年に期待してしまう場合もあるかも知れないので、3,000円位が正当かもしれません。


    ◆小学校高学年(4年生~6年)・・・5,000円~10,000円

    そしてさらに小学校高学年(4年生~6年生)になるとお年玉を期待してゲームなどを買いたくなる子もいれば、しっかり貯蓄に回すというお子さんもいるようです。迷ったらその中間の7千~8千円でも十分喜ぶと思いますよ。



    続いて中学生~大学生のお年玉の相場ですが中学生の平均は5,000円~10,000円位が相場のようです。

    高校生では、10,000円位が相場になり、大学生は10,000円~20,000円が平均的な相場のようです。

    ただ、大学生になるとアルバイトをする子も多いのでお年玉はあげていないという家庭も中にはあるようです。

    お年玉をもらってる相場は?

    お年玉をあげる相場に対して子どもたちのお年玉ってどのくらいもらってるのか気になりませんか?

    ・小学生低学年(1年~3年生)1万円~2万円
    ・小学生高学年(4年~6年生)2万円~4万円
    ・中学生・・・3万円~5万円
    ・高校生・・・5万円位
    ・大学生・・・3万~5万円位

    もちろん、家族兄弟や親戚が多いともらう金額も増えると思いますが・・・

    お年玉

    お年玉は何歳まであげるの?


    お年玉をあげる年齢はいつまでなの?というよりも、もらう本人としてみれば何歳になってもお年玉は欲しいものです。

    お年玉をあげる年齢は大学生までが一般的ですが大学生も成人して立派な大人になるわけですから20歳をめどにお年玉をやめたという人も多いようです。

    働き始めてお金を稼ぐようになれば、お年玉はあげなくなったという家がほとんどのようですね。

    お年玉の使い道は・・・


    お年玉をもらった子供たちは、貯蓄するといった子供も多く、母親が子供名義の通帳を作って毎年その口座へ積み立てるといった
    形をとっているようです。

    子供名義で通帳を作っておけば将来習い事や月謝の引き落としにも便利ですし、入園や入学の時にお祝いでもらったお金も預けることもできたり、七五三や成人式で必要な時に使えて便利ですよね。


    通帳の入金額の欄に鉛筆でお年玉をもらった人の名前などを書き込んでおけば、誰からいくらもらったとわかりますよね。


    まとめ


    お年玉をあげる相場は、年とともに増えつつあるようです。家族や親戚が多いとあげる金額も大変ですが年の始めに楽しみにしている子ども達にとって今年はいくら?なんて声が聞こえてきそうです。

    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。