鏡餅の真空パックに入ったお餅の食べ方は?固いお餅もやわらかく!

    鏡餅

    お正月の鏡餅・・・真空パックの中に入ったお餅みなさんはどうしてますか?プラスチックで取りだしにくいこともあり、そのままにしていませんか?

    鏡餅は固くて食べるのが大変ですが鏡餅をいただくことにちゃんとした意味があるので早めに食べるようにしてくださいね。

    そこで今回は、真空パックに入った鏡餅の食べ方や固いお餅をやわらくする方法も一緒にご紹介したいと思います。

    スポンサーリンク



    昔はついたお餅を丸めて鏡餅を作り、神棚や玄関、床の間などに飾る家も多かったですよね。でも今はすぐにカビが生えてしまうことやマンションなどで簡単に飾れる事などから真空パックに入った鏡餅を飾る家庭も増えてきました。

    みなさんのお宅ではどうしてますか?

    鏡餅

    鏡餅はいつ食べる?


    鏡餅は1月11日の鏡開きの日に食べます。もともとは正月納めの20日に鏡開きが行われていました。

    ところが、江戸時代に鎧兜(よろいかぶと)にお供えしていた具足餅(ぐそくもち)を食べる具足開きを1月11日に決めた事から殆どの地方でこの日に合わせて鏡開きを行ったようです。

    ただ関西地方は15日に鏡開きをする地域もあるようです。

    鏡開きの餅を食べると?

    お正月に飾る鏡餅には年神様が宿るといわれています。その鏡餅を食べることで神様からパワーを授かり、感謝しながらいただくことで一年無病息災で過ごせるという訳です。

    その鏡餅は切るは禁物!たたき割るという言葉を使います。なぜかというと昔の武士は切るは「切腹」を連想させるので言葉としてはあまりよくないとのこと。

    割るも実は縁起の良い呼び方ではないので、「開く」という言葉に変えていたようです。なので鏡開きなんですね。

    結婚式の鏡割りを鏡開きと呼ぶのは?


    結婚式のおめでたい席で酒樽を用意して鏡割りをするのをよくみかけますが、酒樽のフタを鏡と呼ぶことから鏡割りとしたようです。

    でも鏡割りは縁起が良くない為、鏡(樽)を開くに変え「鏡開き」とし、これからの二人の門出、運を開いていくという意味もあるようです。



    固い鏡餅をやわらかくする方法と食べ方


    固くなってしまった鏡餅はおいしくありませんよね。それに鏡餅が固くなるとなかなか包丁を入れるのは困難です。

    金槌で割って食べたりする家庭も多いようですが・・・割って食べるとなると相当固くないと割れませんよね。

    でも、プラスチックの容器に入った鏡餅、特に小さいのは固いけど真空になっているのでどうにか柔らかくする方法はないものか?ってどうやって食べたらいいのかわからないですよね。

    そんな時は、鏡餅をやわらかくして食べれる方法があるので試してみてはどうですか?



    真空パックの鏡餅をお湯に入れやわらかくする方法

    1.沸騰したお湯の中に鏡餅を封を切らずにそのまま入れます。(底のフィルムははがさないで下さいね)

    2.10分~15分位入れたら、お玉などで鏡餅を取りだしお水に2~3分入れます。

    3.底のフィルムの縁をハサミで丸く切り取りフィルムをはがします。 濡れたスプーンを使って中のお餅を取りだします。(乾いたスプーンを使うとお餅がべったりスプーンにくっつく為)

     おしるこに入れたり きな粉をまぶして食べると美味しいですよ。


    あげ餅にしたい場合は底のフィルムに切り目を入れお餅と容器の間にハサミを入れたら上の方へ向かって切り込みをいれます。

    取り出した固いお餅を包丁の背に布巾をかぶせ手が痛くない程度に両手で下に押します。かなり固いので包丁の上から体重をかけるようにするといいですよ。

    そのお餅は乾燥させ油で揚げて醤油や塩をかけあげ餅としていただきます。


    まとめ


    鏡餅の真空パックのものを鏡開きする時は、切ったり割ったりせず沸騰したお湯に10分~15分入れて取り出し、柔らかくなったお餅をきなこにまぶしたり、おしるこやお雑煮にして食べることをお勧めします。

    無病息災を願って年神様に感謝しながら頂くようにしましょう。

    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。