河津桜まつり2017年の見頃はいつ?渋滞を避ける方法は?

    河津さくらまつり

    河津桜まつりは静岡県河津町にて2月10日から3月10日まで開催されます。

    普通の桜(ソメイヨシノ)は咲いてから1週間くらいで散ってしまいますが河津桜は1ヶ月かけて咲き誇る早咲きの桜としても有名です。

    花はソメイヨシノと比べ花びらも大きく、色も濃いピンク色をしているのが河津桜の特徴です。

    スポンサーリンク



    毎年この時期は沢山の花見客でにぎわい1ヶ月で200万人近い人が綺麗な桜を一目見ようと押し寄せます。河津川沿いに約800本の桜がアーチ状になっている桜並木もあるそうなので是非一足早い春を満喫されてはいかがですか?



    2015年に河津桜の枝が59本折られる被害が!


    2015年の12月に心無い人が、桜並木の河津桜の木の枝を59本折ってしまうという被害が発生してしまいました。幸いにも、桜の開花には影響されずに済んだものの毎年楽しみにしている人達にとってはとても残念です。

    伊豆新聞でも取り上げられニュースになったこの報道に町の関係者は憤りを隠せない様子だったとか・・・でも開花に影響なくてほんと良かったです。

    河津桜まつり2017年の見頃はいつ


    河津桜は咲いてから1ヶ月かけて満開になる桜としても有名です。中でもいちばん綺麗な見頃は、満開になる前の6分から8分咲きが綺麗に見れるそうです。


    毎年暖冬続きで今年の桜も早咲きになると言われていますが満開の前くらいがいつ頃なのか?予想も難しいようです。

    という事は、河津桜開花まつりが2月10日からなので2月15日~20日頃が見頃なのではないでしょうか。


    ◆河津桜まつり開催期間:2017年2月10日(金)~3月12日(日)まで


    河津さくらまつり
    河津桜まつりB級グルメやライトアップが凄い!

    河津桜まつりに伴って沢山の催し物が開催されます。その中でも人気なのがB級グルメです。


    ・B級ご当地グルメ大集合!

    開催日:2017年2月10(金)~12日(日)

    開催時間:10時~15時

    伊豆のご当地グルメのお店が屋台で実演販売します。

    静岡で有名なご当地グルメが

    ・富士宮やきそば
    ・海賊焼き
    ・さんま寿司
    ・わさび肉まん


    などなど、ほかにも沢山のご当地グルメを味わってみるチャンスです。

    毎年楽しみにしている観光客も、これを目当てに来る人も多いとか。


    ・桜並木ライトアップ

    開催期間中毎日ライトアップ 18時~21時まで

    場所:館橋下流、峰地区、河津七滝地区、豊泉の桜

    涅槃の桜、上条の桜、役場の桜、隠居の桜、大宮瀬の桜

    (合計11カ所)


    ・河津夜桜ナイトウォーク

    河津の夜桜を見ながらウォーキングするイベントです。

    (浜橋コース3Km)

    開催日:2月24日(金)

    時間:20時00分(受付19時30分)小雨決行

    集合場所:河津桜観光交流館前駐車場⇒先着200名まで

    ・駿河木嶋手筒組花火実演19:50分~

    ・実行委員会賛助出店コーナー

    開催期間中に静岡県の産地のも(名産品)のお店(150軒)が出店します。

    日時:河津桜まつり開催期間中毎日・9時~17時まで


    河津桜イベント情報はこちらから




    河津桜まつりへのアクセス


    河津桜までのアクセスは以下のルートを参考にしてくださいね。

    【電車の場合】

    「スーパービュー踊り子号」(特急踊り子号)

    ・東京→河津・・・2時間30分
    ・東京→熱海・・・50分
    ・新大阪→熱海・・3時間10分
    ・熱海(伊豆急行)→河津・・1時間20分

    ※踊り子号は今井浜海岸には停車しません

    「新幹線→天城踊り子ライン経由」

    ・東京→三島・・・1時間05分
    ・新大阪→三島・・3時間
    ・三島(伊豆箱根鉄道)~
    ・修善寺・・・30分
    ・修善寺(バス)~河津 1時間30分

    【車の場合】

    「東名高速→熱海ビーチライン経由」

    ・東京→厚木IC~小田原~熱海
    ・熱海~河津

    「名神高速→東名高速→天城踊り子ライン経由」

    ・大阪~名古屋~沼津IC
    ・東京~沼津IC
    ・沼津IC~修善寺~河津

    【地図】↓


    渋滞回避する方法


    河津桜は昔は土日が混雑していましたが、今では平日でも混雑するようです。

    河津桜まつりの開催期間中は、テレビでも取り上げられるほどの人気となっていますので車を使われる方は特に混雑すると思われます。

    渋滞を少しでも解消したい場合は、国道1号線や海岸沿いの国道135号線

    136号・414号線は避け、ターンパイク箱根から伊豆スカイラインなどの

    山沿いを抜けるルートの方が渋滞を避けられると思われます。

    こちらを参考にしてみてくださいね→伊豆箱根渋滞回避ガイド


    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。