爪が割れやすい原因は何?爪が割れない対策法とは?

    爪が割れる原因

    最近爪が割れやすく二枚爪になることないですか?洋服にひっかけストッキングが伝線したりと最悪です。

    爪のトラブルは女性に多くみられますよね。特にネイルを頻繁につけ変えた時は二枚爪になり、ひどくなれば出血する場合もあります。

    そこで今回は爪が割れやすくなるのは何が原因なのか?割れないようにする対策法なども一緒にご紹介したいと思います。

    スポンサーリンク


    爪は皮膚の一部ってみなさん知ってましたか?

    手の爪がなかったら物を掴むこともできず、足の爪がなかったら体を支えることもできないくらい重要な役目をしているんです。

    私は時々足のつま先をテーブルの角にぶつけ爪が割れ深爪したなんて経験よくあります。そんな時はムリに剥がさずバンドエイドで固定して爪が生えてくるのをただ待つばかり・・・


    無理に爪切りで深爪したら出血してそこからばい菌が入る場合もあるので気を付けなければいけません。

    爪が割れやすいのはなぜ?

    爪が割れる原因
    爪が割れやすい原因がいくつかあります。私みたいにどこかにぶつけて割れてしまったのは別として、その他にも色々な原因があるんです。


    1.栄養不足

    爪は髪の毛と同じ「ケラチン」というたんぱく質の成分で出来ています。タンパク質は筋肉や血液などを構成するなくてはならないものですが不足すると栄養が爪や髪まで行き渡らなくなります。たとえタンパク質を多く摂っていたとしても血液の流れが悪いと栄養が爪まで届きません。


    他にも無理なダイエット偏った食生活が原因とも言われています。
    特に急激なダイエットやジャンクフードの食生活ばかりだと栄養不足で爪が割れやすくなります。

    2.冷え性

    女性は冷えによる血行不良で爪が割れやすくなる人も多いようです。冷え性の原因は自律神経の乱れやホルモンバランスの低下などが原因とされていますが、急激なダイエットや食生活の乱れも冷えの原因になります。

    お風呂に入って冷えを解消するのもいいですが一時だけなので末端の神経しか血流は良くなりません

    3.乾燥

    冬になると食器洗いの時お湯を使います。お湯の温度で指先が乾燥し、皮膚もかさかさ
    ひび割れの原因にもなります。皮膚と同じ爪もダメージを受けているので最近私は手袋をはめて
    洗い物をするようにしています。


    そしてもうひとつ、マニキュアを取る時に使う除光液も爪の表面を乾燥させる原因にもなります。



    爪が割れないようにする対策とは?


    〇栄養バランスの取れた食事を心がける

    ・タンパク質(卵・牛乳・大豆・納豆・豆腐・サケ・イワシ・鶏むね肉)
    ・ビタミンやミネラル(レバー・ほうれん草・ブロッコリー・牡蠣)
    ・カルシウム(チーズ・ヨーグルト・小魚)


    〇手足の冷えを防ぐ

    ・手足の指をグッと握り、パッと広げる体操をしましょう。 すると血液の流れが良くなり血行促進に役立ちます。

     または、爪の両脇を押してあげたり爪の生え際をもんで 血行を良くしてあげます。 お風呂に入った時に爪をマッサージしてあげるといいですね。


    〇爪の乾燥を防ぐ

    爪にネイルクリームオイルを塗って乾燥を防ぎましょう。塗った時に爪をマッサージしてあげると栄養も行き渡り血行も良くなるので一石二鳥です。

    マニュキュアをつける時はベースコートを塗るなどして爪をいたわってあげるのもポイントです。以上のような対処法で爪をケアしてみてはどうですか?


    手の爪は成人の場合1日に0.1ミリ伸びているんだとか・・・足のつめは手の爪よりも伸びる速度は遅く手の爪の半分の速さで伸びます。

    爪の白い半月が意味するものは?


    爪に白い半月が見えている人といない人がいますが半月が沢山見えているほど健康だとか・・・でもはっきり見えているから健康とは限らず、生まれつき爪の成長が早いか遅いかによるものなのです。

    ただ、無理なダイエットで栄養が行き届かない場合は爪半月の伸びる速度が遅くなります。

    爪半月が白い色をしているのが一般的で青みがかった色をしていたら何かの病気の疑いも視野に入れてお医者さんの診断を受けた方がいいでしょう。

    まとめ


    いかがでしたか?爪は皮膚の一部ということと十分な栄養(タンパク質)が不足すると爪が割れやすくなります。

    健康管理に気をつけ、爪の乾燥を防いで少しでも爪が割れないよう日頃のケアも大切ですね。

    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。