引越しの挨拶で喜ばれる品物(粗品)をランキング別に紹介!相場はいくら?

    引越し挨拶

    引越しの挨拶でお隣さんへ挨拶する時喜ばれる品物って何だろう?

    相場ってどのくらいが平均なんだろう?そんな疑問を持った事ありませんか。そこで今回は引越し挨拶で喜ばれる品物をランキング別にご案内します。

    そして引越し挨拶の品物の平均的な相場なども一緒に参考にして下さいね。

    スポンサーリンク



    引越し挨拶の品物の相場はいくら?

    引越し挨拶
    引越し挨拶の品物の相場って迷いますよね。

    一般的な相場は500円から1.000円位が平均です。

    あまり高価な品物は、相手に気を使わせてしまう場合もあるので、高くても1.000円以内が妥当でしょう。

    引越しの挨拶で喜ばれる品物(粗品)とは?

    引越し挨拶でお隣さんにあげる品物(粗品)もできれば喜んでもらえる物を贈りたいですよね。

    引越し先にもよりますが、一軒家に引越した場合も賃貸マンションなどに引越した場合でも共通して言えるのは実用品消耗品などの人気が高いようです。

    そこで人気の品物(粗品)をご紹介します。

    1.洗剤類

    洗たく用洗剤や食器用洗剤は実用品&消耗品として贈られる方も多いです。特に洗剤などは、急に切らした時にストックしておくと助かるので結構喜ばれます。洗剤は、値段もお手頃価格で1.000円以内で購入できて人気なんですよ。


    2.サランラップやフリーザーのバック

    こちらも実用品なので、意外と人気があります。私も近隣の方から引越しの時に頂いて、すごく重宝しました。サランラップやフリーザーバックのセットは、「シャディ」や冠婚葬祭を扱っているギフトショップなどでも購入できますが、ネットでも販売しています。熨斗(のし)も一緒に無料でつけて頂けるので、とても便利です。

    3.ふきん(白雪ふきん)

    こちらのふきんは吸水性があり、汚れを素早く吸い取るどころかさっと洗い流すだけで、汚れが簡単に落ちるという優れものです。
    使い込むほど柔らかくなり、白さも長持ちするのが特徴です。1枚の値段も400円しないので、2枚セットでもお手頃価格です。

    引越し挨拶は、タオルを貰う家も多いかと思いますが、意外と使わないでそのままにしてませんか?でも、ふきんは何枚あっても使えるので重宝しますよね。



    4.地元の名産品

    こちらも引越してこられた地元の名産品などを挨拶のギフトとして選ぶ人も年々増えてきているようです。特に会社の転勤などで地方から越してきた名産品(麺類やお菓子)をあげると、珍しいと喜ばれます。

    5.クオカード

    こちらも意外と多かったのがクオカードです。クオカードはコンビニでも購入できますが熨斗をつける場合は、百貨店などのサービスカウンターなどで、つけてもらえるのでお勧めです。

    他にも地域のゴミ袋など・・・

    こちらも貰うと嬉しかったという私の友人の話ですがゴミ袋は何枚あっても、必ず使う消耗品ですから切らした時に使えるので、貰って役に立ったようです。

    ■熨斗(のし)をつける時の注意点

    熨斗を付ける時、引越しの場合の表書きは「ご挨拶/〇〇苗字」と書きます。

    今までお世話になったご近所への挨拶は「御礼/〇〇苗字」にします。

    両方とも、水引は「蝶結び」に、必ず「外のし」にしてください。

    まとめ


    引越しの挨拶の品物は転居する時にお世話になった方へのお礼の品として、または、引越し先で今後お世話になるかも知れない
    隣人へのご挨拶として贈るのがマナーです。

    予算も500円~1.000円位が相場です。一番喜ばれる品物(粗品)は、実用品や消耗品などが人気のようです。

    お菓子やクッキーなども人気かと思われがちですが、賞味期限や小麦アレルギーの方も中にはいますので、実用品のほうが
    良さそうですね。

    もし、この中で迷ってしまったら、貰う側の気持ちになって、品物を決めてみるのも、いいかも知れませんね。

    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。