市販薬の副作用は種類別に違うの?病院の処方薬にも副作用が?

    薬副作用

    市販薬の副作用や病院で処方される慢性疾患の薬にも、病気の症状別にそれぞれ副作用が違います。


    市販薬の風邪薬や胃腸薬、解熱剤、鼻炎薬、病院で処方される慢性疾患の薬の症状別の副作用を知り、おかしいと思ったら早めに医師や薬剤師に相談しましょう。

    そこで今回は薬の副作用で、市販薬と慢性疾患で処方される症状別の薬の副作用について調べてみました。

    スポンサーリンク


    最近、厚生労働省の調べてわかったロキソニン副作用に腸閉塞などの症状を引き起こす原因があるというのが問題になりました。

    私もロキソニンには市販の頭痛薬でお世話になっていたので気になってしまいました。

    でも、頭痛がした時に一時的に飲む市販薬は腸閉塞の副作用もないようですが、病院で処方され長く飲み続けているロキソニン薬に腸閉塞の症状があったという事例が出ていたようです。


    今はドラッグストアで手軽に購入できる市販薬は、医者に行く前の応急処置的な薬として、今まで簡単に購入できるメリットが
    ありました。でも、そんな市販薬でも副作用がでる場合もあるのです。


    その薬の副作用の多くは、便秘や下痢眠気などがあげられどれも一時的なものだと我慢してしまう人も多く、副作用として判断しない人も中にはいるようです。


    では、代表的な市販薬の副作用について見ていきます。

    薬副作用

    ■市販薬の種類別の副作用

    ○風邪薬

    ・じんましん・皮膚(肌)のかゆみ・吐き気・胃の不快感や痛み・目のかすみ・耳鳴り・むくみ・めまい・口内炎

    ○胃腸薬

    ・吐き気・下痢や便秘・腹痛・口のかわき・食欲不振・めまい・動悸・じんましん・肌のかゆみ

    ○解熱剤

    ・吐き気・皮膚のかゆみやじんましん・胃の痛みや不快感・便秘や下痢・めまい・耳鳴り・口内炎・眠気

    ○鼻炎薬、抗アレルギー薬

    ・眠気・体がだるい・口がかわく・吐き気・じんましん・腹痛や下痢・胃の痛み・食欲不振・イライラ感・集中力の低下


    市販薬を買った時、箱の中に入っている添付文書を捨ててしまう人もいると思いますが、その薄い紙には医薬品に関する重要な情報が書かれています。

    あとで副作用が出てきた場合に必要になるので、必ず捨てずにとっておいてくださいね。



    ■持病で病院で処方される薬の副作用


    病院で処方される慢性疾患の薬でも副作用がでます。
    ○高血圧の薬

    ・ほてり・頭痛・動悸・吐き気・顔が赤らむ・めまい・じんましん・低血圧・体がだるい・咳がでる

    ○脂質異常症の薬

    ・皮膚(肌)のかゆみやじんましん・吐き気や胃の不快感・便秘や下痢・腹痛・食欲不振・筋肉痛や関節痛・体がだるい

    ○糖尿病の薬

    ・めまいやふらつき・便秘や下痢・胃の不快感・お腹が張る・食欲不振・頭痛・動悸・皮膚のかゆみ

    ○抗血栓薬

    ・吐き気・下痢・鼻血・結膜炎・目の充血・じんましん・めまい・頭痛・口腔内出血


    病院で処方された薬を飲んで副作用を我慢しているとその薬が自分に合った薬と医師に判断されてしまいます。特に長く飲み続ける薬はずっと同じ薬を出されることになります。

    持病だから毎日飲むように医師から勧められても副作用の症状と思われるものは、早めに医師や薬剤師に相談してくださいね。

    まとめ


    市販薬の薬は箱に記載されている副作用(アレルギーの症状の方)はちょっとおかしいと感じたら薬剤師に相談してみましょう。

    持病で病院から処方される薬にも副作用の症状が出る場合があります。副作用らしき症状が出たらすぐに医師の診断を受け
    決して長く飲み続けないようにしましょう。

    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。