神奈川新聞花火大会2016の特徴と打ち上げ場所と穴場スポットは?

    神奈川新聞花火大会は神奈川県内の花火大会のなかでも
    人気の花火大会です。

    その人気は全国でも8位というから驚きですよね。

    そして神奈川県といえば、横浜ランドマークタワーや世界的に有名な大観覧車、
    赤レンガ倉庫などが有名ですが、そんな人気スポットの間近で開催される

    神奈川新聞主催の花火大会は、夜景と花火のコラボレーションが
    何とも言えなく綺麗なんです。

    今回は、神奈川新聞花火大会の特徴や打ち上げ場所、おすすめの
    穴場スポットなどをご紹介します。


    スポンサーリンク



    神奈川新聞花火大会の特徴は?



    神奈川新聞花火大会は、例年8月の第一火曜日に横浜の
    みなとみらい地区で開催されている花火大会です。



    特徴は関東最大級の2尺玉を含んで打ち上げ数は
    約15000発であること、市民の花火と呼ばれ
    音楽に合わせて打ち上げられる花火があることなどが特徴です。







    綺麗で豪華ですよね、神奈川新聞花火大会で打ち上げられる2尺玉は、
    そうそう打ち上げられることも少ないので、この機会に2尺玉の花火を見る
    絶好のチャンスです。


    特に神奈川新聞花火大会は、関東地方でも常に人気上位にくる
    花火大会なのでおすすめです。



    ◯開催日と開催時間は・・・

    2016年は8月2日(火)午後7時~8時00分の予定です。

    その日に強雨や強風の場合は翌日に延期となります。


    中止の決定は当日の正午に予定していますが
    小雨の場合は決行します。


    小雨で中止になるのか分からない時は、当日神奈川新聞の
    ホームページ(カナコロ)で確認するといいでしょう。



    神奈川新聞花火大会打ち上げ場所は?


    打ち上げ場所ですが、みなとみらい21臨港パーク海上で開催されます。
    実際に打ち上げられるのは臨港パークではなく、その沖合いの海上になります。


    もちろん花火を見るためのベストスポットは臨港パークそのものになります。


    ここは火の粉がかかるくらいとまで言われ、花火を頭上に見上げるようにして
    鑑賞することができるので、非常に迫力ある花火を楽しむことができます。
    ただし当日の入場は有料となりますが、


    ここはそれだけの価値は十分あるところですから、お金を払ってでも
    豪華花火を間近で見たいという人は沢山いますね。


    チケットは毎年6月末には完売となってしまうようなので早めの購入が
    おすすめです。


    「耐震バース・臨港パーク会場チケット購入」



    神奈川新聞花火大会アクセス


    アクセスとしては、各線の横浜駅からなら徒歩で約20分、
    横浜高速鉄道のみなとみらい駅か新高島駅からは約10分
    JR桜木町駅からは約15分です。

    ◆JR・東急東横線・みなとみらい線・横浜市営地下鉄「横浜駅」より徒歩20分
    ◆JR・横浜市営地下鉄「桜木町駅」より徒歩15分
    ◆横浜市営地下鉄「高島町駅」より徒歩15分
    ◆みなとみらい線「新高島駅」「みなとみらい駅」より徒歩10分


    当日はかなり混雑しますから、時間には十分に余裕を持って出かけたほうがよいでしょう。


    ちなみに周辺は交通規制が敷かれます。
    みなとみらい会場周辺は混雑が予想されますので、クルマでのアクセスは避けたほうが無難です。



    神奈川新聞花火大会穴場スポット紹介


    ところで、臨港パーク沖合いの海上で打ち上げられることから、花火を見るためには
    何もむりやり臨港パークを目指して行く必要性はありません。


    視線さえ通っていれば、意外なところからよく見えたりするからです。
    その場所のひとつは、打ち上げ場所のほぼ真北にあるコットンハーバーです。





    JRの東神奈川駅や京急の仲木戸駅、神奈川駅からアクセスできます。


    他にも、多少なりとも高台にあるところからもよく見える
    コットンハーバーにも近いポートサイド公園や、

    JR桜木町駅からちょうど会場とは正反対の方角にある
    野毛山公園の展望台などがそのようなスポットに当たります。


    夏の夜空を彩るスケールの大きい花火大会をカップルやお友達、
    家族みんなで鑑賞してみてはどうですか?

    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。