花火大会の暑さ対策はしっかりと!化粧崩れを防ぐには?

    夏といえば、大空に舞い上がる花火を見たいものです。

    その美しさを見るだけで、「夏が来た!」という気分にもなれますよね。
    でも花火大会は人混みの中、汗だくで花火を鑑賞しなければ
    なりません。

    女性は特に汗で化粧が崩れたりしたら、楽しい花火も
    台無し!なんてことにならないためにも暑さ対策をして
    綺麗な花火を鑑賞してみてはいかがですか?

    そこで、花火大会の暑さ対策や化粧崩れを防ぐ
    方法などもご紹介したいと思います。


    スポンサーリンク



    花火大会の暑さ対策とは?

    花火 【服装は浴衣で!】

    花火大会といったら、浴衣を着てお出かけしたいものです。

    浴衣を着ている人を見ると涼しく感じられませんか?

    意外と浴衣は風通しも良いので花火大会での暑さ対策に
    浴衣は人気なんです。

    それに浴衣は着る機会がないとタンスの奥にしまい込んだままに
    なりがちなので、浴衣を着ていけば女子力もアップすること
    間違いなしですね。


    しかし浴衣を着て花火大会に行くとなると、
    人込みの中では涼しい場所に移動することも難しくなります。


    しっかりと暑さ対策をして行くことをお勧めします。
    そこで次に役にたつのが・・・


    【凍らせたペットボトル】
    pettobotoru
    花火大会での暑さ対策としては、ペットボトルを
    利用するといいでしょう。

    ペットボトルを凍らせて持ち歩くようにすれば、
    暑さ対策になります。

    そしてペットボトルだったら、持ち歩くのにも
    それほど邪魔になるものでもないので、
    暑さ対策にはバッチリです。


    暑ければ、ペットボトルを首に充てたり脇の下に当てるようにすれば、
    体を冷やすことが出来き、のどが渇けば溶けた飲み物を飲むこともできるので、
    水分不足も防げることができます。


    しかし注意しなくてはならないのが、ペットボトルを凍らせるときに
    爆発をしてしまう危険性があるので、冷蔵庫で凍らせる時
    中身を少し減らしてから冷凍させると上手に凍らせます。


    【制汗シート】

    制汗シートは私はよく満員電車の中で使ったりします。

    隣の人との距離も近いということもあり気になりますよね。
    花火大会も人込みの中、汗をかくので制汗シートはサッと汗を
    ふき取ることもできるのでおすすめですよ。

    今はいろいろな香りつきの制汗シートもあるので
    体臭なんて気にならなくなります。


    【うちわや扇子】

    夏にかかせない、いえ、花火大会にはかかせないうちわや扇子は
    もう、あって当たり前になってますよね。

    特に蒸し暑い夜は風なんてないようなものです。
    うちわや扇子を使ってさわやかな風で暑さ対策したいものですよね。

    いまでは扇子もうちわも風情があるものが出揃っているので
    あなただけの粋な扇子を選んでみてはいかがですか?




    化粧崩れはどうする?


    女性にとって花火大会での化粧崩れ気になりますよね。

    夜だし、まわりが暗いから大丈夫!って思ったら大間違い。
    花火大会が終わった後、明るいところにでたら目がパンダに、
    そして顔に塗ったファンでが汚くなっていたら?

    彼氏に幻滅されないためにも化粧崩れには気を付けましょう。



    【基礎化粧をしっかり】

    化粧崩れを防ぐには基礎化粧をしっかりしないと残念な結果になります。

    汗を抑えるには毛穴を引き締めることが肝心
    洗顔後に氷で顔を冷やしたり、冷蔵庫に入れておいた化粧水で
    お肌の毛穴を引き締めるためのパッティングをしたり
    念入りに基礎を固めましょう。


    そのあと、化粧崩れ防止の下地クリームや毛穴をカバーする
    リキッドファンでをたたくように薄く塗ります。
    リキッドファンでの方が、パウダーファンデーションに比べて
    化粧崩れ防止にもなります。

    そして、最後に化粧崩れを防ぐスプレーなども便利です。
    汗や皮脂を抑えてくれるスプレーなので
    毎年夏の暑い時期は人気です。





    最後に、アイメイクで気になるのがマスカラです。

    マスカラはパンダ目にならないように
    ウォータープルーフタイプのマスカラを選ぶといいですね。


    まとめ


    いかがでしたか?

    暑さ対策には、浴衣を着て髪をアップにしてみたり、
    扇子やうちわを持ち制汗シートで汗を拭きとります。

    のどが渇けば凍らせたペットボトルでのどを潤す。
    これで化粧崩れがなかったら花火大会での
    暑さ対策もバッチリですね。


    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。