寝苦しい夜でもぐっすり?おすすめの快眠方法とは?

    寝苦しい夜

    寝苦しい夜って嫌ですよね、エアコンをつけたままだと体が冷えて体調壊したり、挙句の果てに目の下にくまができたり・・・

    そんなあなたにおすすめの快眠方法をご紹介したいと思います。

    スポンサーリンク


    毎年思うのが、なんで今年はこんなに暑いの?熱帯夜で寝苦しくて眠れない~!!なんて思っているのは私だけではないはずです。

    寝苦しい夜をぐっすり眠るには、おすすめの快眠方法があります。

    寝苦しい夜

    寝苦しい夜もぐっすり?


    寝苦しい夜はやっぱりエアコンでしょ?ですよね。でもエアコンは電気料もかかるし、体が冷え過ぎて体調を壊した!っていう人、かなり多いんです。

    【扇風機とアイスノン】

    そこで、エアコンを使わずに扇風機とアイスノンや冷えピタなどで、寝苦しい夜を快適に過ごしてみませんか?アイスノンが家にない人でも、保冷剤などをタオルに巻いて、わきの下や頭の上に載せたりしても十分使えます。


    どうしても部屋の熱気がこもって暑くてダメ~という人は寝る前の1時間前にエアコンを25度くらいの設定温度にし、寝るときに消します。その後、扇風機を足元に置き、アイスノンを頭の下保冷剤などでもいいので頭を冷やします。

    ただ、首回りを冷やすと次の日に肩がこってしまうのでなるべく頭を冷やし、首は冷やさないようにしてくださいね。


    扇風機を頭の上に置く人がいますが、できれば足元に置いた方が体感温度が下がるので足元に首ふり状態で置いてください。


    【冷感枕パッドや敷きパッド】

    接触冷感や吸湿速乾などの素材を利用した枕パッド敷パッドを利用するという方法もあります。

    これらの枕パッドや敷パッドは使い捨てではないので、洗濯もでき、清潔に使用できるところがいいですよね。

    冷感タイプの敷パッドは、毎年凄い売れ行きで夏には売り切れ続出なんてお店もあるくらいなので早めに暑さ対策しておいた方がよさそうです。

    敷パッドは、寝返りを打ったところが冷んやりして気持ちいいので寝苦しい熱帯夜の夜には最適です。




    我が家でも毎年夏には大活躍してくれて、しかも洗濯機で洗えるのでとても便利です。冷感が持続する強烈なタイプも出ているので、エアコンなしの扇風機だけでも十分です。


    逆にひんやりしすぎるから接触冷感の素材が苦手という方には吸湿速乾の素材がおすすめです。

    寝ている間は汗をかくので、自分から出る熱で寝苦しさが増すため、吸湿速乾の素材を使用するだけでも違ってきます。


    寝具関係の快眠グッズには、消臭効果など他の気になる悩みを併せて解消できるような物もあるので、
    悩みに合わせて選ぶとよいです。


    冷却効果と枕としての機能を併せ持った冷感ひんやり枕もあります。枕の買い替えを検討されているのなら、枕パッドのみではなく、枕そのものを熱帯夜を乗り切れる快眠グッズに変えてしまうという方法もあります。


    でも、いつもの枕じゃないと眠れない~!!という人は枕パッドでも十分ひんやりするのでそれはそれでいいと思いますよ。




    【アロマグッズ】

    快眠したいときには、アロマグッズなど香りのものもおすすめです。ただアロマオイルを選ぶのにも好きな香りで選ぶのはやめましょう。

    睡眠を促す、体をリラックスさせる香りのアロマを選びます。

    アロマは脳に作用してくれますので、不快に思う香りだと効果が半減します。安眠効果が期待できて、香りが好みに合うものを
    選んで活用しましょう。

    代表的なアロマオイルは
    ・ラベンダー ・カモミール ・オレンジ など、どれも不安や緊張を和らげリラックス効果を促してくれます。

    使い方は簡単で、ティッシュやコットンなどにアロマオイルを数滴垂らして、枕元に置くだけです。

    熱源を使うディフューザーなど、熱帯夜は暑苦しいですから、本格的に使うなら、アロマストーンなどもおすすめです。

    アロマストーンに2~3滴くらいアロマオイルを垂らして枕元におきます。

    アロマストーンは香りが柔らかくなるので、ディフューザーなど火を使わなくていいので安心して眠れますよ。




    まとめ


    寝苦しい夜でもぐっすり眠るためには、扇風機とアイスノンの組み合わせや、冷感枕パッドや敷パッド、心地いい眠りに誘うアロマなどを利用して、自分が快適だと思う方法を試してみてはどうですか?


    でも、やっぱりエアコンなしでは眠れない!という人はエアコンの設定温度を28度にしたり、タイマーをセットするなど上手にエアコンを利用するのもありかと思います。


    ただ、冷やし過ぎには注意してくださいね。自分好みの快眠方法を活用して熱帯夜を乗り切りましょう。

    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。