七五三の初穂料の金額はいくら?のし袋の書き方や渡すタイミングはいつ?

    七五三

    七五三で神社にご祈祷していただくときに渡す初穂料ですが、金額を包む時にいくらぐらい包んでいいのかわかりませんよね。

    そこで今回は、七五三の初穂料の金額や相場、のし袋の書き方や神社へ渡すタイミングなども一緒にご案内します。

    スポンサーリンク


    七五三の初穂料ののし袋を用意するのって意外と忘れる人も多かったりします。または、のし袋に何て書いていいのかわからない時って戸惑いますよね。

    七五三

    七五三の初穂料の金額はいくら?


    七五三の初穂料の相場ですが、だいたい5.000円~10.000円が相場になります。

    神社によっては決まっている神社もありますが、金額に違いがあるのは七五三の時にご祈祷していただく、お札の大きさにもよります。

    また、お札の他にもお守りやお清めのお酒、お餅などが入っていたりするので神社によって異なります。

    初穂料の金額が決まっていない神社や、祈祷しないのであればお気持ちで、3.000円位は納めるようにしたほうがいいでしょう。

    ・兄弟や姉妹で一緒に七五三をする時の初穂料の金額は?

    七五三は上の子が満年齢で下の子が数え年で一緒にやってしまう家も最近では多くなりました。兄弟や姉妹で一緒に初穂料を納める場合は、初穂料×人数分を納めます。

    2人の場合は、初穂料(5.000円×2人分)=10.000円となります。

    ・初穂料のお金は新札を用意するの?

    七五三の初穂料を納めるお金は特に新札ではなくても差支えありませんが、できればきれいなお札を用意しましょう。

    でも、七五三の時は何かと忙しいので用意する準備も大変です。

    特にお札が汚れていたり破けていなければ、問題ありませんのでどうしても新札じゃなきゃダメということではありません。

    お札のしわがどうしても気になるようでしたら、アイロンでお札を伸ばすときれいになりますよ。


    七五三の初穂料のし袋の書き方は?


    七五三の初穂料ののし袋の書き方で間違いやすいのが名前です。なかには、間違って親の名前を書いてしまう人もいるようですが
    子供の名前を書くのが正式な名前となります。

    もしも兄弟や姉妹で一緒に七五三をする場合は、連名で書くようにしましょう。

    書く位置は、一番上の子供は姓名でちょっと右寄りに書き下の子供は左に名前だけで書くようにします。

    初穂料
    ・初穂料のお金を入れる内袋や裏面は?

    お祝い袋は一般的に内袋がついています。

    内袋にお金を入れる時は、お金の表面を上にして入れ裏側に名前や住所を書くようにしましょう。

    中袋を外包みの中に入れ、裏側は下側を上にして重ねて水引きで止めるようにします。

    ・初穂料の渡し方や渡すタイミングは?

    七五三の初穂料を用意したけど、神社でどのタイミングで渡していいのか戸惑う人も多いと思います。神社に行くと社務所にご祈祷をお願いするときに書く申込用紙が置いてありますので、子供の名前や住所などを記入します。

    子供の名前を記入したら初穂料と一緒に社務所の係りの人に渡します

    神社によっては申込用紙がない神社もあるので、置いてない時は社務所の人に聞いてみましょう。

    七五三の時期は11月15日に行われる行事ですが必ず11月15日に行わなければいけないという決まりはありません。

    10月の中頃~11月中頃くらいを目安にお参りをするのが一般的です。

    10月と11月の吉日をチェックしておきましょう。

    日めくりカレンダー.com



    まとめ


    いかがでしたか?七五三にご祈祷していただく初穂料のお金も忘れないよう準備しましょう。

    ・七五三の初穂料の金額の相場は5.000~10.000円2人の場合は初穂料の金額×人数分

    ・初穂料のお金は新札でなくてもよい(汚れや破れは除く)

    ・初穂料の表書きは子供の名前を書く

     兄弟姉妹の場合は子供の名前を連名で右から上の子(姓名)下の子を左側に(名前のみ)

    ・初穂料の渡し方は社務所に置いてある祈祷申込書に子供の名前を書き用紙と一緒に初穂料も渡す

    七五三はお子さんの成長を願って行う行事ですのでその節目となる歳にきちんと神社にご祈祷していただきましょう。


    スポンサーリンク
    関連記事

    SNSでもご購読できます。