喪中はがきを送る時期はいつまで?出す範囲や遅い場合はどうする?

喪中はがき

年末が近づくと大掃除やお正月の準備で慌ただしくなりますが、身内に不幸があった時は、喪中はがきをなるべく早めに出すようにしましょう。

そこで今回は喪中はがきを送る時期はいつまでなの?喪中はがきを出す範囲や遅くなってしまった場合どうしたらいいの?そんな疑問にお答えしていきます。

スポンサーリンク


喪中はがきは何のために出すの?

喪中はがき
私も以前喪中ハガキが友達から届いた時身内で不幸があったの?と思わず驚いてしまった時がありました。喪中ハガキが届かなかったら、そのまま知らずに年賀状を出してしまうところでした。

喪中はがきは、身内の誰かに不幸があった時、知らせる為のものでもあります。なので、喪中はがきは毎年年賀状を
出している先方に、年始の挨拶や年賀状を送るのを控えさせてもらいます。

という意味もある挨拶状なので、できれば出すようにしたほうが親切ですよね。

喪中はがきを送る時期は?


喪中はがきを送る時期ですが、11月初め~12月初めくらいまでに先方に届くようにしたほうがいいでしょう。

じゃないと12月の中旬あたりに出して先方が年賀状を作ってしまった!となっては迷惑になりますよね。

年賀状の受付は12月15日からなので12月初めまでに送っておけば安心ですよね。

反対に、忘れないうちに11月下旬頃喪中はがきを出す人もいるようですが、早すぎると、先方が12月に年賀状を作る時喪中はがきが来てるのをうっかり忘れてた!という場合が少なからずありますので、出すタイミングを間違わないようにしましょう。


喪中はがきを出す範囲は?


喪中はがきは親族の誰が亡くなったら喪中になるのか、そして何親等までの親族が亡くなったら出すものなのか迷いますよね。

普通は本人から二親等以内の親族が亡くなった場合出すのが一般的ですが、最近は二親等の祖父母の時は出さない人が増えているようです。

【喪中はがきを出す親族】

・両親
・配偶者、配偶者の両親
・子供
・兄弟姉妹
・祖父母、配偶者の祖父母(出す人と出さない人もいる)
・兄弟姉妹の配偶者(出す人と出さない人もいる)
・配偶者の兄弟姉妹(出す人と出さない人もいる)

【喪中ハガキを出さない親族】

・三親等(おじ・おば・いとこ)以下
・遠い親戚

私は祖母が亡くなった時喪中はがきは出しませんでした。
会社関係の人にも普通に年賀状を出していたので、そこまで気にしなくてもいいかと思います。



喪中はがきが遅い場合はどうする?


12月に不幸が会った場合は喪中はがきが間に合いませんよね。

他にも喪中の挨拶状を送ってないのに先方から年賀状が届いてしまったとか、そんな時は「寒中見舞い」に変えて送るようにします。

寒中見舞い 寒中見舞いを送る時期はいつまでなの?

寒中は読んで字のごとく、二十四節気の小寒(1月6日)と大寒(1月21日または立春まで)にあたる中間の時期を寒中といいます。

寒中見舞いは松の内(1月1日~7日)を過ぎ立春(2月4日)の前までに届くようにしましょう。
ただ、関西は松の内が1月15日なので15日以降に出したほうがいいでしょう。

特に気にしない方は、1月15日前後がタイミングとしてはいいかも知れませんね。

まとめ


年末は何かと忙しく喪中はがきを忘れてしまいそうですが、喪中はがきは、親族に不幸があった時生前故人がお世話になった方へ
年始の挨拶を控えさせていただきますといった相手に知らせる挨拶状です。

11月初旬から12月初めには送るようにしましょう。

送るのが間に合わなかった時は、寒中見舞いとして1月7日~2月4日までの間に出すようしましょう。

ベストなタイミングは、1月15日前後あたりで出すのがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事

SNSでもご購読できます。