知って得する野菜の保存方法

野菜の保存方法

野菜を買ってきて長持ちさせるには野菜の保存の仕方にも気をつけたいですよね。
特に青菜野菜は葉が傷みやすく、しおれてしまったり根元が黒ずんで腐ってしまうことだってあります。

そこで野菜をおいしく長持ちさせるにはどのような保存方法が適しているのか?その保存方法についてお伝えしていきます。


スポンサーリンク



★その前に用意しておくと便利な物★

 
  • 新聞紙
  • 保存袋(ジッパー付)
  • サランラップ
  • 油性マジック(日付を記入)
  • ポリ袋
 

【野菜を保存するときの注意点】

野菜が土の中で育った時と同じような状態で保存させるのがポイントです。にんじんや葉物野菜は立てて保存するようにしましょう。

 
野菜の保存方法  

☆キャベツの保存方法


キャベツは芯をくり抜き濡らしたティッシュを詰めてからポリ袋に入れ保存します。使う時は芯を取った方からはがして使うとキャベツの葉が破れたりしないのでロールキャベツなど作る時に便利です。

レタスも同様に芯の方からくり抜いて使うといいですよ。

 

☆白菜の保存方法


白菜は通気性のよい新聞紙で保存して下さい。白菜は水分を沢山含んでいるので、新聞紙が水分を吸収してくれます。

5日くらい経って新聞紙が湿っていたら取り替えるようにしてください。こちらは冷蔵庫にいれなくても暗い場所に芯を下にして
たてておくと長持ちします。

 

☆ほうれん草や小松菜の保存方法


ほうれん草や小松菜は青菜野菜なので傷みやすいですよね。こちらはポリ袋に青菜野菜を入れて息を吹き込み膨らせます。そして口をしっかり閉じ冷蔵庫で保存すると息の中に含まれる二酸化炭素の働きで長持ちさせてくれます。

でも、膨らませると野菜室の場所をとるので沢山野菜が入りません。

そんな時はもうひとつのやり方があります。青菜類に霧吹きなどで水分を含ませ湿らせた新聞紙に包んであとは野菜室へ。

 

☆ジャガイモの保存方法


ジャガイモは買ってきても使わないで置いておくとすぐ芽が出てきてしまいます。

芽が出る前にやって欲しいことは、買ってきたジャガイモとリンゴを一緒に保存することで、リンゴから出るエチレンガスがジャガイモの発芽を遅らせてくれます。

ジャガイモの中にリンゴを1個が見えなくなるくらい隠し、冷暗所で保存しましょう。

 

☆なすの保存方法


なすは夏の野菜です。冷気が苦手なのでできれば常温で保存をお勧めしますが、夏の暑い時は野菜室に入れないとすぐに傷んでしまいます。

そんな時は新聞紙に包んで保存しなるべく早めに料理に使うように下さい。

 

☆にんじんの保存方法


にんじんも湿気に弱いので水分を拭き取り新聞紙に包んで野菜室へいれると長持ちします。

入れる時は立てて入れてくださいね。

 

☆きゅうりの保存方法


きゅうりは忘れたころに野菜室を見るとスカスカになっていたなんて経験ないですか?きゅうりは買ってきたら最初に水に浸して水分補給させて下さい。その後新聞紙、またはキッチンペーパーに包んで野菜室で保存して下さい。

この時にきゅうりは立てて保存することをお勧めします。

 

☆たまねぎ


たまねぎは乾燥した風通しのよいところで保存してください。冷蔵庫の野菜室では腐ってしまう場合があるのでお勧めできません。

冷暗所などに保存したほうが長持ちします。

 

☆ピーマン


ピーマンは買ってきたら密封袋(ジッパー付)などに移し冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。新聞紙に包むと水分を蒸発してしんなりして黒ずんでしまいます。


☆トマト


トマトは密封袋(ジッパー付)に入れて野菜室で保存しましょう。トマトは赤く熟しているものは傷みやすいのでへたを下にして
入れるようにしてくださいね。

 

☆ぶなしめじ・しいたけ


ぶなしめじは袋のまま野菜室で保存し、使って余った時はラップに包んで保存します。しいたけは水気があるのでキッチンペーパーでふき取ったあと石づきをとり保存袋(ジッパー付)にいれて野菜室で保存します。

 

☆さといも


さといもはできれば泥つきのものを買ってきて新聞紙に包んで風通しのよいところで保存してください。泥つきではないと痛みも早まります。

 

☆だいこん


だいこんは葉の部分は切り取って野菜室で保存します。1本そのまま保存すると場所をとってしまうので半分に切り、切り口をラップでくるみ、湿らせた新聞紙に巻いて保存します。

 

☆ブロッコリー


ブロッコリーは色が変わりやすいので、買ってきたらビニール袋に入れ野菜室で保存します。ブロッコリーは茹でて冷凍保存もできるので、すぐに食べない時は冷凍保存がお勧めです。

 

☆ねぎ


ねぎは半分に切り保存袋に入れて野菜室で保存します。すぐに使わない時は、小口切りにして冷凍できますので便利ですよ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください