ストレートネックの症状を放っておくと危ない?簡単な治し方とは?

ストレートネック

ストレートネックは最近スマホの普及で年々増加しているそうです。

普段からパソコンを使って作業する人で肩こりや頭痛がひどい人は、ストレートネックの恐れがあります。

その症状を放っておくと体に悪影響を及ぼしかねないとか・・・ここでは、普段から身近なものでできる簡単な治し方をご紹介します。

スポンサーリンク


実は私も最近頭痛や肩こりがひどいので整体師の方に見てもらったのです。

すると、ストレートネックですね、という答えが返ってきました。整体師の先生の話では、昔はストレートネックにかかったという患者さんも少なくここ3~4年で治療に来る人も増えたそうです。

 

でも、殆どの人が単なる肩こりからくる頭痛だと思ってた人が多かったようです。通常なら首の頸椎は湾曲に曲がっていなければいけないところをストレートネックは首の頸椎がまっすぐになっている状態です。その為、顔だけ前に突き出た状態になってしまうようです。

ストレートネック

姿勢を横から見ると、あごが前に突き出し、巻き肩、猫背、ぽっこりお腹、反った腰、ヒップが落ちる状態です。

 

普段パソコンに向かう時間が長い人や、スマートフォンを長時間見るときの姿勢によって首、肩、頭に痛みが生じるようになり、その痛みが慢性化してしまいます。

 

特に肩や首が凝るのは、僧帽筋という筋肉の疲労が原因と言われています。

私たちは普段5㎏の頭を支え、左右で10㎏の腕を吊り下げた僧帽筋に常に力が入っています。腕を長時間使って作業していると僧帽筋に疲労物質が溜まります。

 

その頭の重さが重心よりも前に移動することで2~3倍の重さに(10㎏以上)に増えるのです。その重さが首や肩にのしかかってきます。

そうならない為には、普段から筋肉の血液循環を良くしてあげ、血行がよくなれば溜まっていた筋肉の疲労物質がなくなるという訳です。

 

ストレートネックを放っておくと危ない?


ストレートネックが慢性化するとこのような症状がおこります。

【ストレートネック症状】

・肩、首のコリ

・頭痛や眼精疲労が感じられる

・めまい

・不眠、睡眠障害

・四十肩、五十肩

・耳鳴りや吐き気

・指先のしびれ

・慢性疲労やイライラ感

・更年期障害



あなたもあてはまる症状が2つ以上あったらストレートネックの症状かもしれません。放っておくと、脳梗塞や自律神経失調症からうつ状態になりかねませんので早めの治療が必要です。



ストレートネックを治す効果的な治療方法とは?

整体院に行くとストレートネックを解消する方法として湾曲の枕を紹介してくれます。

ストレートネック
でも、意外と値段が高かったりして、整体に通う料金の3倍だったりする場合もあります。


でしたら自分で作ってやってみましょうというのが、タオルを使って治す方法です。作り方は、タオルを縦半分に折り、折り目のほうからくるくると下に巻いていきます。すると丸い筒状になりますので、首の下におくだけでストレートネックが徐々に解消できてしまいます。

詳しいやり方を載せましたので参考にしてみてくださいね。





私は友人に勧められたのですが、タオルで試しにやってみると意外と頭がスッキリしたのでお勧めです。

寝る前の5分やるだけでも違うのでストレートネックで悩んでいる人には是非オススメします。


まとめ



普段パソコンで作業する人やスマホの普及からストレートネックになっている人は意外と多いそうです。

病院に行っても治らない頭痛や肩こり、めまいなどの症状が頻繁にでるようでしたら、ストレートネックかも知れません。

放っておくと脳梗塞や自律神経などの重い病気になってしまいますので普段からタオルなどを使った症状の改善をお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください