ハロウィンかぼちゃを折り紙で簡単に作る方法とは?

ハロウイン

10月31日といえばハロウィンですね。

日本でもいつの間にか10月のイベントとして定着し、各地では色々なコスチュームに仮装したパレードなどが行われます。

そしてハロウィンに欠かせないかぼちゃのお化けといえば、ジャック・オ・ランタンですよね。


でも、かぼちゃで作るとなるとちょっと大変です。そこで今回はジャック・オ・ランタンや帽子、お菓子入れなど、折り紙で作る方法をご紹介したいと思います。


スポンサーリンク


ジャック・オ・ランタンを折り紙で作る方法


ハロウイン

ハロウィンといえば、ジャック・オ・ランタンと呼ばれるかぼちゃをくり抜いたちょうちんが有名です。

これは、悪魔と取引をして天国にも地獄にも行けなくなったジャックが、悪魔からもらった火をカブに入れて闇をさまよったという
アイルランドに伝わる話がもとになっています。

アメリカに伝わったときにカブがかぼちゃに変わり、ハロウィンに欠かせないシンボルとなったようです。では、早速ジャック・オ・ランタンを折り紙で作る方法をご紹介します。

【用意するもの】

・折り紙(オレンジ色と黄色)
・黒のマジック





こちら↓が立体的なジャック・オ・ランタンです。ちょっと難易度が高いですけど、出来上がってみるとなかなかのものです。



そしてハロウィン三角帽子↓の作り方も一緒に載せましたので参考にしてみてくださいね。



とっても簡単なので沢山作って玄関やトイレなどに置いてハロウィンのムードを満喫してみてはどうですか。最後に、お子さんに人気なかぼちゃのお菓子バックの作り方も合わせてご紹介します。


【用意するもの】

・オレンジ色の画用紙
・黒色の紙
・紙コップ
・モールまたはリボン
・キリまたは画鋲




こちらも紙コップがあれば簡単にできてしまうのでお子さんも喜ぶと思います。

まとめ


かぼちゃで作るジャック・オ・ランタンも迫力があってハロウィンのムード満載なんですが、生のかぼちゃを使うと長持ちしなかったり置き場所や作る時に意外と大変なので、今回は折り紙にしてみました。

紙なら長く飾ることもできるので、楽しめると思いますよ。お子さんと一緒に作ってみてはいかがですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事

SNSでもご購読できます。