二日酔い予防はコレ!食べ物や飲み方で決まるってホント?

二日酔い

二日酔いはお酒の飲み過ぎで胃に負担がかかり次の日の辛さと言ったら経験したことがある人しかわからないですよね。


そんな二日酔いを予防するには、おつまみや飲み方に気を付ければ二日酔いを防げる方法があるんです。そこで今回は二日酔いしない食べ物(おつまみ)の選び方や二日酔いしない飲み方について調べました。

スポンサーリンク


お酒は社会人になると会社の歓送迎会や忘年会、新年会バーベキューなど飲む機会が増えてきます。飲み過ぎで次の日二日酔いになり、もうお酒を見るのもイヤ!なんてその時は思うものです。


そうならない為にも食べ物(おつまみ)や飲み方にも気を付けて二日酔いにならないようにしたいですよね。では、どんなものがおつまみに向いているのかいくつかあげてみました。

二日酔い
◆チーズや乳製品

チーズや乳製品などの脂肪分は胃壁を保護してくれる役目をしてくれます。


お酒を飲む前に牛乳を飲んでおいたりクラッカーにカッテージチーズをのせたものやカマンベールチーズ、チーズフォンデュといった乳製品をおつまみに摂りいれるようにしましょう。


◆大根やキャベツ

きゃべつや大根のジアスターゼが消化を良くしてくれます。大根おろしを使ったおつまみで、

・しらすあえ
・豚バラと大根の煮物
・大根のみぞれ煮(厚揚げを大根おろしで煮た物)


キャベツとごま油であえたものやキャベツの塩昆布あえなどを積極的に摂りましょう。

◆豚 肉

豚肉に含まれるビタミンB1がアルコールの代謝を促してくれます

・豚肉とキャベツの炒め物
・豚肉と大根の煮物
・豚ひき肉のロールキャベツなど


◆果 物

果物の果糖と水分が二日酔いの低血糖と脱水症状を防いでくれます。果物といったらビタミンCがたっぷりのがいいですね。

なぜかというと、柿に含まれるタンニンがアルコールのアセトアルデヒドを分解してくれるので、飲む前に食べておくと二日酔いを防いでくれます。


◆豆腐や大豆

豆腐などのタンパク質を多く含む食品はアルコールを分解する肝臓の負担を和らげてくれます。湯豆腐やえだまめ、納豆の磯部あげなど美味しいですよね。


◆魚介類

魚介類はタウリンが沢山含まれているので肝臓の働きを活発にし、アルコールを分解してくれます。特に、牡蠣やホタテ、エビやタコなどもタウリンがいっぱいです。しじみのお味噌汁なんて肝臓にはもってこいの飲み物ですよね。

※から揚げなどの脂っこいものや塩辛い塩辛などはかえって胃や肝臓に負担をかけます。

二日酔いを防ぐ飲み方


お酒を飲んでるときは、飲み方って気にしないで飲んでる人が多くないですか?

まず初めにビールを頼み、次に焼酎、日本酒、赤ワインなんて種類の違うお酒を飲んで悪酔いする人いるんですよね。いわゆるチャンポンで飲んじゃう人・・・・

飲み方さえ間違わなければ二日酔いで次の日ひどい目にあわずに済むんです。

それには、飲み方を工夫したり、飲む量を調節するだけでいいんです。はじめにビールを飲んだら、ずーっとビールだけにしたり飲み過ぎてきたと思ったらノンアルコールビールに変えたり焼酎に梅干を入れて飲んでみたりするだけでもかなり違ってきます。



ここでどのくらいのお酒の量で酔ってしまうのか見ていきます。

【ほろよい気分】
ビール・1~2本
日本酒・1~2合
ワイン・2~3本

【吐き気・おう吐】 
ビール・4~6本
日本酒・4~6本
ワイン・ボトル1本

【意識がもうろう】
ビール・7~10本
日本酒・7合~1升
ワイン・ボトル2本

ほろよい気分くらいのお酒の量が二日酔いを防ぐボーダーラインです。アルコールに強くない人はこの量の半分位がちょうどいいですね。


そしてもうひとつ肝心なのがアルコールを飲みながらも一緒に飲むことで、アルコールの濃度が薄くなり二日酔いを防げることにもつながります。


そして、飲む前には空腹をさけて飲むことも重要です。空腹だとアルコールが体内に吸収されるのが早いので、いきなり胃にアルコールが入った状態だと胃にも負担がかかります。


飲む前には「ウコンの力」や「ヘパリーゼ」などの飲料も飲んでおくと、胃に負担をかけず二日酔いを避けられます。


二日酔いになってしまったら?

それでもどうしても二日酔いになってしまったというあなたにはまず、アルコールを体内から抜かなければいけません。それには、水分「お水」です。

人間の体の60%は水でできているので、水分補給には水が一番吸収率が高いです。他にもポカリスエットやアクエリアスなどの脱水状態の時に効くといわれるスポーツ飲料が効果的です。


あと、梅干しに番茶を入れて飲むと肝臓の働きを高めてくれます。梅に含まれているピクリン酸が肝臓に良いとされています。

私も二日酔いの時、梅干し入りの番茶を飲んだ時があり二日酔いが早めに回復しました。

まとめ


二日酔いになる前に、胃に負担をかけない牛乳やウコンの力などを飲んでアルコールを防御しておく。

おつまみには、乳製品や、タンパク質、魚介類や果物などを摂るようにし、脂っこい物は避ける。

アルコールを飲みながら、一緒にお水も飲んでいく。

二日酔いになってしまったら、お水やスポーツ飲料を飲んだり梅干し入り番茶を飲むと二日酔いの回復が早くなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事

SNSでもご購読できます。