お花見の宴会準備に用意するものをダイソーで揃えちゃおう!

お花見宴会

いよいよお花見シーズン到来ですね、職場の仲間や友人、家族と一緒にお花見を楽しむ人も多いと思います。

そこで今回はお花見の宴会準備に用意するものをダイソーで安く揃えちゃおう!ということで寒さ対策グッズと一緒にご紹介したいと思います。特に夜桜での宴会を予定している方は必見です。


スポンサーリンク


いざ、お花見で宴会!ってなった時、できれば簡単に安く済ませたいものですよね。


お花見に必要な飲食は、自分たちで料理を持ち寄れば、お金もそんなにかかりません。

それ以外にお花見に用意すると便利なグッズダイソーで安く揃えることができるのです。是非参考にしてみて下さいね。

お花見宴会

お花見に準備するものをダイソーで!


●トレーまたは、お盆(ブルーシートの上にコップを置く時便利)
●ガムテープ(ブルーシートを何枚か張り合わせるとき使用する)
●軍 手(ゴミや荷物を片付ける時)
●ウェットティッシュやボックスティッシュ(手や口を拭く時)
●ゴミ袋(宴会の後片付け用)
●割り箸や紙コップ、紙のお皿(食べ物や飲み物用ですぐ捨てられる)
●インスタントみそ汁やスティックコーヒー(お酒を飲んだ後や飲めない人は体が暖まる)
●ポケットティッシュ(トイレットペーパーが無くなった時のため)
●キッチンペーパー(飲み物をこぼした時用)

ありがちな失敗・・・ワインをボトルで買った時はスクリューキャップのワインを購入しないと、ワインオープナーが必要です。

スポンサーリンク

お花見に準備する寒さ対策グッズ


お花見の時期は、日中暖かくても夜にはグッと気温が下がります。3月末~4月の上旬までは、夜間の温度は10℃を切るなんて所もあるほど・・・お花見に行ったら風邪を引いてしまわないように寒さ対策をしっかりして出かけましょう。


特に、首がつく体の部分「足首・手首・首まわり」を暖めると夜桜の宴会の席で体の冷えを防げることができます。

レッグウォーマーアームカバーマフラーなどで暖かくしておきましょう。

次に、ダイソーで揃える寒さ対策グッズをご紹介します。

●カイロや携帯用湯たんぽ
●アルミシート(レジャーシートの上に敷くと暖かい)
●ブランケット(ひざにかけたり足の下に敷く)      
●ニット帽
●レッグウォーマー
●耳あて
●手袋
●腹巻
●座布団やクッション

お花見の宴会にあると便利なもの 


こちらは、ダイソーでは買えませんが、あると便利なものをいくつかあげてみました。

●段ボール(ブルーシートの下に敷くと湿気や寒さをしのげる)
●七輪と炭(調理したものを温めたり寒さ対策)
●七輪にかける小鍋(熱燗を温めると便利)
●携帯用ポット(火が使えない時にお湯割りができる)
●折りたたみテーブルと椅子

※お花見の場所によっては、火を使ってはダメな場所もあるので下調べしてから火を使うようにしましょう。

お花見の宴会をする場所選び


お花見をする時は場所を選ぶのが重要となってきます。都内などでも有名な上野公園のお花見は場所取りも大変なようですが、選ぶ時にはなるべく、トイレが設置してあるかどうか?コレ重要です。夜桜の宴会では、沢山飲む=トイレが近くなる・・・トイレを我慢して膀胱炎にならないよう、トイレもきちんと視野に入れて場所を選ぶようにしましょう。


他にも、水道などがある場所を選ぶと、後片付けの時に水が使えると便利な時もありますよね。

お花見の宴会のマナー


お花見マナー
お花見での宴会が終わったあとは、飲んだり食べたりしたゴミが沢山出ます。持参したゴミ袋にゴミを残さず入れて持ち帰りましょう。できれば分別できるように、缶や瓶などの袋も別にするとエコですよね。


また、お花見しながらカラオケをしているグループを時々見かけますが、お花見を楽しんでいる廻りの人や近隣住民の迷惑にならないように、時間と場所を選びましょう。

桜の開花予想は?


お花見は毎年暖冬のせいか、年々早く咲く傾向があるようです。

九州の福岡では、3月24日頃が一番早い開花予想が出ていますが、東京も3月24日に開花し4月2日あたりが満開となりそうです。

こちらに全国の開花予想がでていますので参考にしてみてくださいね。

⇒さくら開花予想

まとめ


いかがでしたか?お花見の宴会準備には、必要な物をダイソーで揃えればお金もかからなく手軽にお花見ができますよね。

特に夜桜の下での宴会は夜は冷えます、暖かい格好で夜桜を見ながら大いに盛り上がってみてはどうですか?

スポンサーリンク
関連記事

SNSでもご購読できます。