薬の使用期限切れって飲んでも平気なの?薬の見分け方は?

薬の使用期限が切れてた時、捨てようか?それとも飲んでも平気なの?そんな疑問をもったことありませんか?

薬は食べ物の賞味期限と違うから何年でも大丈夫でしょ?なんて思っていませんか?薬は化学薬品です、使用期限をきちんと守って使いましょう。

今回は薬の使用期限が切れた(過ぎた)薬について、または使用期限内であっても飲まない方が良い場合もあります。そんな薬の見分け方や、市販薬の保管方法などについても見ていきたいと思います。

スポンサーリンク


その前に、薬の使用期限の調べ方ですが薬局などで販売されている医薬品には、箱の裏に使用期限
載っている薬が多いです。

この使用期限は、あくまでも未開封の期限ですので間違えないようにしてくださいね。


市販薬の使用期限は、3年(未開封の場合)と言われていますが保管するときの、温度や湿度が高かった場合はもっと短い期間と考えた方がいいですね。


特に開封後の薬で、いつ開けたかわからない薬などは有効成分の効き目がなくなる場合もあります。

でも、病院で処方された薬には使用期限が書いてない場合が多いですよね、書かれてないのは、3日分や5日分などの処方日数が使用期限とみなされているからなんです。

なので、処方された期限内に飲み切るようにしましょう。

薬の使用期限

薬の使用期限が切れても飲める?

製薬会社などで販売している市販薬の使用期限ですが、たとえ開封してなくても期限が過ぎた物は処分するようにしてください。


特に市販薬の場合は日数とともに、化学反応を起こしその成分が副作用の原因にもなるからです。

では、病院で処方された薬は?というと・・・

私は先日、頭痛がしたので一年前に病院で処方してもらった頭痛薬を思い出し、袋を見たら使用期限が書かれてなかったのです。
仕方なく、処方してもらった調剤薬局に電話で薬の名前を告げ飲んでも大丈夫か、確認しました。

すると、薬剤師からこんな事を言われました。

1年前にかかった頭痛でも今の頭痛の症状とは異なる場合があるので飲んでしまうと逆に副作用を起こすかもしれません。もう一度再診して医師の診断をして薬をもらって下さいとの事でした。なので、余っていたからといって使わない方が無難のようですね。

薬の使用期限内の薬の見分け方

たとえ薬が使用期限内であったとしても、温度や湿度によっては、変質している場合があるので見分ける事も大切です。飲む前に必ずチェックしてくださいね。


○錠剤、カプセル剤・・・色が変色している(白い薬が黄ばんでいる)薬に亀裂が入っていたり、表面がざらざらしている


○粉   薬・・・・・色が変色し、粉や粒どうしがくっついて固まりにおいが変わっている

○シロップや液剤・・・中の成分が沈殿していたり振っても溶けない(冷蔵庫での保管をしましょう)

○目   薬・・・・・透明な液が濁っている(病院で処方された目薬は1ヶ月を目安に使い切る

○クリームや軟膏・・・色が変わっていたり油が浮いているにおいも変わっている

○湿布薬・・・・・・接着面に油みたいなものが浮いている湿布の表面が乾いて乾燥していて肌にくっつかない

以上のような状態の薬は効果がないと言ってもいいでしょう。必ず処分するようにしましょう。



市販薬の保管方法は?

市販薬の保管方法も間違えると薬の中の有効成分が効かなくなったり副作用の原因にもなります。そして、湿った場所も良くありません、梅雨時期などは窓際などを避け置く場所にも気を配るようにするといいですね。


薬の保管方法は高温多湿を避け、室温が30度までの室内に保管し子供の手の届かない場所に保管するようにしましょう。


特に夏場などは高温の車内などに薬を置かないよう注意が必要です。旅行などで薬を持参する時も、夏場は保冷パックに入れるようにして下さいね。

まとめ


薬の使用期限の切れた薬は、飲まないで処分するのが一番ですね。病院で処方された薬も、使い切るか残っていても後日使うことはやめて、処分するようにして下さい。

飲むと副作用を起こす場合もあるので、病院に行って診察を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事

SNSでもご購読できます。