鎌倉花火大会2018の日程と打ち上げ場所は?穴場スポットはココ!

鎌倉花火大会

鎌倉といえば、大仏さま・江ノ島も有名で毎年多くの

観光客で賑わいます。


そして鎌倉の夏の風物詩と言えば、やっぱり花火大会。

古くから歴史のある花火大会ですが、2018年には第70回目を迎え、

毎年恒例の行事として多くの人々に楽しまれています。

そこで今回は鎌倉花火大会の日程や打上げ場所、穴場スポットに

ついてご案内します。


スポンサーリンク




鎌倉花火大会の特徴として、まずはオープニングの
スターマインの連発をはじめとする、多彩な花火が打ち上げられます。


中でも移動する船から海へと投げ込まれ、
海の上で扇状に花開く水中花火は美しく、鎌倉の花火の名物となっています。



鎌倉花火大会で打ち上げられる花火の、打ち上げ数は
約2500発にものぼります

鎌倉花火大会

鎌倉花火大会の日程は?


2018年の鎌倉花火大会の開催日は7月24日(火)に予定しています。
雨天の場合は翌日7月25日(水)に延期される予定です。


時間は19:20~20:10と、あっという間の時間ですが、
満足感と感動を与えてくれる華麗な花火ばかりです。


【打上げ場所】

打ち上げ場所は、由比ケ浜海岸と材木座海岸の中間地点の
海の上にて行われます。


こちらは、両方の海岸から鑑賞することができ、
交通の便も、「由比ヶ浜海岸はJR横須賀線・鎌倉駅」より
徒歩15分の距離にあり、


鎌倉花火

材木座海岸は「江ノ島電鉄・由比ヶ浜駅/和田塚駅」より徒歩5分
距離にある海岸なので、どちらからも海の上で繰り広げられる、
水と光の祭典を楽しむことができます。



【混雑が予想される場所】

滑川交差点付近は車やごった返した人の波によって大変混雑するため、
材木座海岸・由比ヶ浜、そして坂ノ下寄りでの観覧をおすすめします。


周囲では18時30分から22時30分までの4時間は交通規制がかけられ、
車で通行することができません。


この花火大会の前後は車での通行が大渋滞となりますので
車ではなく、公共交通機関を利用した上で、
最寄り駅からは徒歩で訪れると良いでしょう。



【鎌倉花火大会穴場スポット】


披露山公園内の展望台


こちらの披露山公園内の展望台は、江ノ島や相模湾など
一望できるとても見晴らしの良い公園です。

ここから鎌倉の花火を観られるので意外と穴場スポットです。
入園料や駐車場も無料となっています。





鎌倉大崎公園

他の穴場としては、東急新逗子駅から徒歩10分ほどの距離にある
大崎公園もおすすめです。
※上の地図右下の「-」をズームアウトすると左下に出てきます。


こちらの公園は、披露山公園から歩いて5分のところにあり
海岸沿いに近いので鎌倉花火大会が良く見える公園です。

大崎公園も料金は無料となっています。



まとめ

鎌倉花火大会は水中花火という珍しい花火で
船から海へ花火を投げて水中で綺麗な大輪の

花を咲かせるという臨場感ああふれる花火としても
有名です。


ほかにも、水中花火は、厳島神社花火大会で
打ち上げられる方式と同じではあるものの、
距離が近い分鎌倉花火大会の方が迫力があります。


ぜひ、水と光と、そして大迫力の音による芸術を味わいましょう。

早めに訪れて、日中は鎌倉観光をして夕方から花火を楽しむ、
という楽しみ方もおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事

SNSでもご購読できます。