愛犬を守るために知っておきたい熱中症対策と見分け方とは?

犬熱中症

愛犬の熱中症対策みなさんどうしてますか?

エアコンによる温度調整や小まめな水分補給など、大人であれば自分で熱中症対策をとることが出来ますが、うっかり見落としてしまうのが愛犬の熱中症対策です。


そこで今回は愛犬が熱中症にならない為の便利グッズや熱中症の見分け方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



愛犬も暑い夏は熱中症にかかるリスクも高くなってきています。夏場は一緒にレジャーに連れて行ったり、家の中で飼っているからと安心している飼い主も少なくありません。


でも、家を留守にすると気付いた時には熱中症で愛犬がぐったり動物病院に駆け込む羽目になってしまいますよね。


犬の熱中症の症状見分け方

犬熱中症
熱中症になったときの症状とは・・・

・呼吸が苦しくなる(口をあけて舌をだしたり、よだれが沢山でる)
・おう吐や下痢の症状がでて立っていられない
・目などが充血してしまう
・体がけいれんしひきつけを起こしたりする

以上のような症状がでていたら、真っ先に体を冷やしてあげ水などを飲ませ水分補給や、冷たく冷やしたタオルなどを犬のわきの下などにあてたりしてあげましょう。


熱が収まったあとでも必ず動物病院の診断が必要です。


特に、熱中症にかかりやすい犬は、パグ、ボストンテリア、シーズーブルドッグ、ボクサー犬太り気味の犬も熱中症に注意してください。


また、老犬や子犬なども自分で体温が調節できないので熱中症にかかりやすくなります。


屋外で飼っている犬も直射日光が当たらない場所にハウスを置いたりなるべく風通しの良いところを選んだりすることも大切です。

そしてこまめに水分補給として、ホースで水を浴びせるのも熱中症対策にはいいかもしれませんね。

では、愛犬の熱中症対策グッズをご紹介します。


大理石ボード


まずおすすめなのが大理石ボードです。大理石の冷んやり感が、ペットの体感温度を下げてくれるので熱中症対策にはおすすめなんです。




以前は冷感ジェルマットが人気でしたがジェルマットは、冷たさが長続きしなかったりするんですよね。

特にワンちゃんがマットを噛んだり引っ張ったりすると破れてしまうというちょっとした欠点もありがちでしたが、大理石ボードは
汚れてもすぐ拭けるし、破れる心配もありません。


繰り返し使えてエアコンの節電効果もバッチリですね。何と言っても冷たさが長続きするので、熱い真夏には欠かせない愛犬用の熱中症対策グッズです。



冷感洋服


また同様に冷感仕様の洋服を着せるというのもおすすめです。これは家の中にいる時や移動中だけではなく散歩中にも効果的な熱中症対策になります。

特に足の短い犬種や小型犬などは体高が低く、より地面に近い状態ですので熱中症にかかりやすいため注意が必要です。




冷感仕様の洋服を着ていると、紫外線が直に体に当たらないので、熱中症を防ぐ事も出来ますよね。

愛犬用スポーツドリンク


愛犬用スポーツドリンクはペットを飼っている人は知っている人も多いかもしれませんが、意外と
知らない人もいます。


人間でも運動後などはスポーツドリンクで水分補給をすることがありますが、ペット用にもこうしたグッズは販売されています。

特に暑い日に散歩に行くと普段より喉が乾き脱水状態になるワンちゃんもでてきますよね。




そんな時にオススメのスポーツドリンクを飲んで脱水状態から救ってあげましょう。また運動後や犬の息が荒い時、冬の暖房での室内乾燥などにも使えたりと通年とおして使える飲み物ですのでお勧めです。


まとめ


今年の夏は猛暑が予想されます。人間同様、愛犬も熱中症対策を万全にしてあげて下さい。

特に日中家を留守にする場合は、エアコンをつけたままだと愛犬の体温調整も悪くなったり電気代も大変ですよね。

愛犬の熱中症対策グッズは夏バテ防止にもなりますので積極的に活用していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事

SNSでもご購読できます。